今日の一語り

しがない勤め人、大津 和行(かず)、のキーボードから紡ぎ出される日々語り

モバイル通信の苦心

 私は旅が好きである。妻と出会ってからは、妻を連れてあっちこっち行っておるのはここでもよく語っているが、独身時代はなおのこと色々旅していた。

 昔話をし始めると年をとったという印象が強まるが、しちゃおう。今みたいにアイフォンひとつで気軽にモバイル通信できる時代じゃなかった。

 旅先で旅行記のリアルタイム更新をしたくて重いノートPCを持ち歩いていたりしたが、重いのは我慢すればいいが、どうやってネット回線につなぐかが苦心した。PHSにつないでネット回線に入ったりしていたが、なんか遅い。それでもPHSは携帯より速いということで愛用していたのだが、都市部はともあれ田舎になると繋がらなくて困った。

 特に困ったのが離島だ。

 八丈島に好んで行っていたのだが、PHSはほぼ繋がらないし、今では見なくなったが、ISDN対応のデータ端子の付いたグレーの公衆電話につないで、プロバイダの近くのアクセスポイントにつないで、ウェブ日記なりリアルタイム旅行記を更新したりしていた。テレホンカードはどんどん減っていくが、繋がるだけ良かったが、八丈島だと当時グレーの公衆電話もほとんどなくて電話局の前で繋いだ思い出がある。

  やはり宿でも繋ぎたいと、音響カプラという受話器さえあれば超低速ながら繋がるデバイスを手に入れたりしたが、結局ほとんど使わなかったな。

 その後、無線LANスポット、wi-fiスポットが徐々に出てきたら狂喜乱舞してスターバックスとかさ、行った思い出がある。だって、外で超高速で繋がるんだよ、素晴らしいじゃない。モバイル通信にここまで苦心したからこその喜び。

  ただwi-fiスポットはスポットという名が示すように、その場所に縛られる。また、wi-fiがあるということで高かろうが喫茶店に入ったりね、窮屈さは否めない。

 それでモバイルルーターが出たときは嬉しくてすぐに飛びついたんだけどね。これで場所の制約から解放されてモバイル通信できるぞと。

 それで今に至るのだが、

 ただ、今はiPadとか使って動画も見れてしまう時代。モバイルで調子に乗って動画を見ていると、月の制限量を超過して速度制限がかかってしまう。

 となるとまたwi-fiスポットを探したり、wi-fi付いている宿だったらうれしかったりする。

 モバイルルーターで解放されたかと思いきや、また。

 まぁ今は今でモバイル通信に苦労はつきものと言うべきか。

 

ローソンの新デザート バスチー がうまかった

最近、コンビニ大手のローソンで、新しいデザートを出したようで、動画とかで見ていたらうまそうだったので買ってみた。

f:id:small_editor:20190404000442j:plain

 バスク風チーズケーキ、略してバスチーらしい。

 レアでもベイクドでもないチーズケーキと称されているが、それって中途半端ってことじゃないの?とか思いながら食べてみたら・・・思いのほかうまい。

 かなり濃厚な味わいで、二人で1つで十分な位の迫力があった。199円税抜きという200円近い価格は結構勇気が要るが、悪くない買い物だったような気もする。

 

 

すげーぞ妻、令和を求めて万葉集を読んだ

 新元号の令和が万葉集由来とのことで、解説付きの万葉集の書籍が書店で売り切れたとか報道されていた。

 なるほど。

 そう言えば、妻は万葉集を読む人なので、書籍は持っていたりするので書籍はあるのだ。

f:id:small_editor:20190402222727j:plain

 まぁ、万葉集と一言にっても長大だ。どこに書いてあるんだ?

  妻と共に鋭意調べる。梅花の歌32首の部分と言われても、どこなのさと。万葉の花の本を持っていた妻が、梅で調べて、どうやら816くらいとか調べ上げる。

 見てみると・・・あった。

f:id:small_editor:20190402223000j:plain

 令月・・・良い月に風が和らぐという意味であるらしい。令月と風和らぐをとって令和。なるほど。

  まぁ、手頃な万葉集書籍が売り切れ続出の中、原典をあたれるのはうれしい限り。

 というより、3000円を超える(買った昔当時でそうだったのだから、かなり高価な本)を持っていた妻にすげーぞと思う次第。

 

令和と昭和で昭和生まれの昭和好きが感じる違和感

  なんか、平成31年5月1日からの新元号が、「令和」で決まったらしい。

  正直あまり興味はなかったのだが、和となると・・・違和感禁じ得ない。

 私は昭和生まれであり、青春時代まで昭和だったわけで・・・ここの語りでも昭和を感じる~という表現を多々してきている。

 つい先だっても、昭和を感じる喫茶店とか語っていたし、ここは昭和で良いとか言い続けている。ひとつのノスタルジーだ。

 ただ、新元号が「令和」とかになると・・・

なにかにつけ、昭和で良いとか言っていると・・・

 令和も「和」がつくだけに・・・『昭和だってぇ「ぷぷぷw」』的な感じにならぬか・・・心配だ。少し。

テレビで知っている町が出るとうれしいな・・・あと、ウェブ日記の継続の素晴らしさ

 テレビをぼーっと見ていたら、NHKの「鶴瓶の家族に乾杯」で千葉県の白子町を歩いていた。

  白子町は千葉県は房総半島の外房にある町。房総は数限りなく訪れて、詳しくなってしまっているゆえ、白子町も懐かしくて、見入ってしまった。

 すると見たことのある光景が見えたりして面白かったし、テニスはあまりしないのだが、こんなにテニスコートがあるんだとか驚いていみたり、非常に興味深かった。

 そのなかで、ブイヤベースを出している店が映っていた。あれ?確か・・・行ったことがある・・・。

 白子は魚介の入った白子流ブイヤベースを町おこしの名物にしているのだが、それを食べられる店として、かわごえ という洋食屋に行ったことがある。多分そこだろうと思っていたが、妻と一緒に見ても確証がない。なんか固形燃料使っていたが、そんなだったっけ?と。テレビでは写真を探そうにも、いつだったか分からないと厳しい。

 そこで、このウェブ日記が役に立った。

自分のウェブ日記に率直に書いておくと検索すると出てくるものだ。便利だ。

 

small-editor.hatenadiary.jp

  私は房総ポークを食べていたが、妻がそうブイヤベースを食べていたと記述がある。

 写真を探してみると・・なんか少しトラブルでその期間の写真が結構消えてしまっていたのだが、なんとか1つ見つかった。

 

f:id:small_editor:20190401210219j:plain

 うん、確かに固形燃料を使っていそうな器だ。そうだったんだ、これを食べたんだ。

 さっきのウェブ日記記事では2013年3月となっているからちょうど丸6年前か。ちょっと前に行った気がしたんだけどな。また、洋食屋 かわごえ に行きたくなったよ。

 かように継続してウェブ日記を付けている力強さを感じたよ。

 中年から高齢へ、記憶力も弱くなる中、ウェブ日記は強力な武器になると思う。

 

まんぷく 最終回を見て~比較的新しい企業の創業者を描く手法~

  さて、朝の連続テレビ小説、通称NHK朝ドラは半年ごとに最終回を迎えて話が変わる。今クールの朝ドラ まんぷく は昨日最終回であり、昨日中に録画しておいたものを見終えた。

 少しその感想を語ろう。

small-editor.hatenadiary.jp

  先月2月にかように語っている私。

 その違和感が徹頭徹尾、最後まであった。最終回を見ても。

 2月の時はチキンラーメン開発の話であったため、チキンラーメンが食べたくなっていたが、最終回の今は、カップラーメン開発の成功の盛り上がりでのめでたしめでたしの大団円だったため、カップラーメンが異様に食べたくなった。

f:id:small_editor:20190331220952j:plain

 アジフライ揚げた時のパン粉や小麦粉をもったいないので揚げたものを上に載せたジャンク120%なメタボフードとして食べちゃいましたよ。こんなことをしていたら、週末の間だけでかなり太ったのは余談。

 チキンラーメンやらカップヌードルやらの売上貢献に直結しているであろう毎朝の放映が毎日されていた違和感は全然ある。

 公正中立たるNHKが一企業のCMみたいな連続ドラマを作ったと言うところ。

 

 まぁ、その作用として私のメタボが加速したということは、まぁ余談だが(^-^)

 

 そう、地元神奈川ながらも昨年5月に初めて行った横浜のカップヌードルミュージアムで、この物語の主人公の一人である安藤百福の人生を学べたのだが、そのまま、ドラマにされているというところ。まだ行ったことのない方は行くと良いかも。本当にそのままドラマにされているから。

 まぁ、違和感違和感と言っても、安藤百福の生涯を忠実に再現したドラマだろうから、そのまま、日清製品のアピールになろうし、そのアピールをしているミュージアムの展示とそっくりになるのは自然なことではあろう。

 まぁ、とは言っても、かなり新しい一企業の社長の自叙伝をドラマ化するのはこの まんぷく だけではなく、「とと姉ちゃん」だって「わろてんか」だってそうだし、最近は多くなっているんだよね。どれも今につながる企業の創業物語

 確かに、うちだって、とと姉ちゃん 見て、生まれて初めて 暮しの手帖 という雑誌を買ったもの。

 ただ、今回のカップヌードルなりチキンラーメンの話は、こと食べ物だっただけに私に影響がでかかったということ。

 あと、本音で言えば、ものすごくロス現象が起こるほどのめり込んだわけではないのだが、最後まで明るく、本当に悲しむところなく、バカみたいに明るくストーリー建てしているのはすごかったと思うよ。私は悲しみがあってこそリアルと思うので、そこまで好きにはなれなかったが、毎日見る朝ドラだったらそういうのがいいのだという妻の意見もあり、それもそうかとか思っているんだけどね。

なんで釣りなんかに来てしまったのだろう

日曜日は危険だ。なんかとてもブルーになるし、土曜日が充実していればいるほど日曜日がブルーになるし、土曜日が充実していなければいないで日曜日に取り返したく、バタバタする。

 今日は妻が日曜日の夜に仕事だとかで、自分一人で家で寂しいので、夕方から釣りに来てしまった。

 

 これで釣れれば憂さも少しは晴れようが、釣れない。周りが釣っていたりするとなおさら落ち込む。

 危険な日曜日に危険な遊戯だよ、釣りは。

 だって夜になっちゃったもの。寂しいよ、寒いよ。

 

 ようやく1匹釣れた。

f:id:small_editor:20190331191543j:image

 もうそろそろ干潮だ、帰ろうかな、そう、この1匹のために来たんだよね、それでいいんだよね。

弘明寺の桜がきれいだった

 神奈川県は地元ゆえ、神奈川県内の最大都市たる横浜にはよく足を運ぶ。

 そして、趣味の釣りでも横浜市の中心部である中区とか南区を流れる大岡川とかでハゼがよく釣れるので、よく足を運んだりした。

 ただ、昨日温泉である みうら湯 に入るために行った弘明寺というところは訪れたことがなかった。

 横浜市南区ということになるし、ハゼ釣りでよく訪れている大岡川沿いの上流であるから名前は知ってはいるが、ハゼはもうちょっと下流域にいるので、弘明寺までは来なかったというところ。

 しかして、温泉のみうら湯に来るついでに弘明寺を歩いてみたらなかなかトラディショナルな昭和を感じさせる商店街があり昭和世代には魅力的な町が広がっていた。

 そして、ハゼ釣りの名所たる大岡川の上流域があり、大岡川は桜の名所だけに、弘明寺あたりの上流域も例外ではなく、桜がすごかった。

f:id:small_editor:20190331160354j:plain

f:id:small_editor:20190331113140j:image

 七分咲きとかかな。こういう桜が川沿いにたくさんあるので、しばらく桜できれいだろうな。

 

みうら湯で一年のストレスを落とせたか?

 年度末であり、週が明けたら次の年度である。

  京急線弘明寺駅、まぁ、横浜市南区というところになるが、そこに京急直営の温泉がある。みうら湯。乗車券とセットで得な入場券があったので来てみた。

 とてもとっても良いところ。というのも、そもそも泉質が良い。黒湯の濃度が濃いのがみるからに分かるからして。

f:id:small_editor:20190330151601j:imagef:id:small_editor:20190330151609j:image

黒湯の濃い温泉に入り満足。ひさびさにサウナで2回入りストレスを汗と共に洗い流しつつ、クエン酸サワーで内部からストレス浄化も図り。豚スタミナ丼は650円と格安で満足。

さて、1年分のストレスは落とせたのか?

 

 

 

アジ料理はカルパッチョに行き着く!?

 さて、アジというのは味が良いので「アジ」と称されたと言われる。それくらい、確かに美味い。

 刺身にしてもうまいし(ただし、一日くらい置く方が熟成して柔らかくてうまい)、漬けにしてもいい。塩焼きもいいし、干物なんかはお土産の定番だ。房総の食べ方のなめろうなんかもいいよね。

 しかして、こう年がら年中アジを釣りまくっているとどの食べ方も飽きてきたりする。比較的和食の食べ方で縛ってしまっているからかもしれない。ただ、この前のようにフライにするのもまた飽きる。揚げ物はね・・・と。

 ということで、釣りの知人から聞いたところでカルパッチョ的にするといいですよと言われ、昨年くらいからそうすることもある。

 

 

 

small-editor.hatenadiary.jp

  このへんの語りでそう語っている。

 先日釣ったアジは半分くらい先日語ったようにフライに。

 残りを・・・

small-editor.hatenadiary.jp

 

f:id:small_editor:20190330113542j:plain

 カルパッチョにしてみた。

  やっぱうまいね。刺身に取ったアジをオリーブオイルをかけてバジルソルトを振るだけなんだけど、これが一番って思っちゃうくらい。

  昨日の夕食にはこれを妻に供した。喜んでくれて良かった。

ちょっとだけできる男2

 まぁ、妻には迷惑ばかりかけているし、亭主元気で留守が良い式に夫を金を稼いでくる手段として考えた場合、まぁ、不良債権ではないかもしれないが・・・

 少なくとも、仕事は辞めていないから、多くはなくとも給料を得てきているから・・・

 ただ、不満不平も多いので、手間のかかる債権だろうね。しかして、妻という碇がなければ、流されるまま、どっかに行ってしまう船みたいなのが私だろうから、サラリーと引き替えに碇役をせざるを得ないのかもしれない。

 しかして、最近妻も本格的に働き始めたので、妻になだめすかしてもらって働きに出ているだけでは悪いなということになり、少し家事とかを手伝い始めた。

 ただ、今まで手間のかかる男がそこまでいきなりできるようになるわけではなく、限定的であるが。まぁ、下手に手を出すと妻の構築した良い手順を乱してしまうので、いやがられることも多く、選ばなければならない。喜ばれるのは、食器洗いをしたりとかかな。

 まぁ、よくある話だが、下手に手を出すより、どっか行っていてというパターンも多いので、だまって、一人で釣りに行っててくれた方がいいわということもあるのだが。

 ということで、ちょっとだけできる男の第二弾は・・・

f:id:small_editor:20190329195102j:plain

 黙って釣ってきたアジ9匹。結構短時間でこれだけ釣れたから、アジ爆釣と言えるし、釣り人スラングで言えば「アジ爆」ってやつで、これだけ黙って釣ってきて、機嫌がいいだけで、結構妻は助かるらしい。

f:id:small_editor:20190329195217j:plain

 知っている人は限定的かもしれないが、釣りたては刺身にすると、死後硬直みたいなもので、硬くて美味しくない。だから、釣りたてってのは火を通すに限る。となると、アジフライなんてどうよと揚げる。

f:id:small_editor:20190329195324j:plain

 ちっちゃいけど、釣りたてのアジのフライは、自分で食べたってフワフワでとても美味しい。妻もかなり喜んでくれた。これって買ったアジでは得られない感覚だから貴重だろう。

  不平不満が多い私が釣って機嫌が良くうまいものを作るのだから、妻は結構それがよかったようで、これはこれで、ちょっとだけできる男か。そう、中年の男がそんなにすぐには変われない。せめても、手間をかけさせすぎないように心配りしよう。釣れて良かった・・・(^-^)

国営ひたち海浜公園に初めて行った

 先日の茨城県の旅。まずは、奥久慈地方という山の中の方に行ったりしたのだが、その後日立の方に出てきて海より。

 となると、行こう行こうと思っていてなかなか行けていなかった、国営ひたち海浜公園に。

 国営の公園というのは、なかなかないよね。東京だと立川にある昭和記念公園とかか。

 えらい大きな公園であった。中を走るバスに乗ったりして回ったが、それが正解。歩いて回ったりしたらいくら時間があっても足りないだろうと思うくらい。 

 f:id:small_editor:20190328165438j:plain

 早咲きの水仙がきれいだった。これから多くの種類の水仙が見られるようだ。今は早咲きのもの。

 千葉県は房総半島ばかり行ってきたので、その経験から、南房総だと水仙冬の花であるからして、水仙はもう終りのシーズンかと思いきや、これからのものが多いんだね。発見。

 また、この公園は西口のあたりは植物園的なのだが、南口の方だと非常に立派な遊園地的である。

 国営公園だからかなりストイックな植物園的なものを想像していたら、大観覧車もあるし、遊具も多いエリアもあったり、それは結構意外だったけど、初めて行っ場所って新鮮なことが多いね。

ちょっとだけできる男

 さて、今日は妻が残業だということで私が先に帰ってきた。

  まぁ、作り置きのものが結構あったので、それで夕食にしておいてとのこと。ありがたくいただいて、ちょっと休んでから、妻を迎えに行き、妻の分の夕食を配膳。

f:id:small_editor:20190327225954j:plain

 肉じゃがは妻が作り置いておいてくれたもの。野菜炒めは今朝妻が弁当用に作ってくれた残り。

  こんにゃくは、先日、茨城県大子町に旅した時に買った刺身こんにゃく(大子の名物である)を切った。

 まぁ、ここまではいかに妻がよくできた妻かということに終始しているのだが、ひとつ、アジの干物は週末に釣りに行って釣ったアジを私が捌いて干して、焼いたもの。

 釣って(これも妻も結構釣ったけど(^-^))捌いて、干して、ということは私がやったから、ちょっとだけできる男。

 なんて言っていたら、妻から、もっとしてほしいことは他にあるって怒られそうだけど(^-^)

キンメの煮付けは最高だよね

 

small-editor.hatenadiary.jp

  と先日語った、キンメダイ。

 身は刺身で美味しく頂いたが、頭とかその他の部分は煮付けた。

 

f:id:small_editor:20190326232905j:plain

 落としぶたなんかしちゃって煮付けてみる。見よう見まねで料理を始めたので、系統だった知識がないので、落としぶたが煮汁を行き渡らせるためのものだとか知ったのは結構最近かも。妻が持っている料理本でね。

f:id:small_editor:20190326233041j:plain

f:id:small_editor:20190326233107j:plain

 先日の休日の昼に作ったのだけれども、味見のつもりで、食べ始めたら止まらなくなってそもまま昼食を作り始めてしまったというほど、うまかったので。

 一匹買いすると、身は刺身で、頭は煮付けでと楽しめて本当に美味いよね。

 

ゆで太郎行きたくなって

知人のツイートを眺めていて思い出して妻と一緒にゆで太郎

f:id:small_editor:20190326195644j:image

f:id:small_editor:20190326195654j:image

カツ丼のセットでも570円、ほぐし鯖のセットでも500円は安い。

蕎麦もまぁまぁうまい。

特にほぐし鯖の丼は良かった。栄養的にもいいんじゃないか?

朝だと300円台らしいから朝来たいものだ。