今日の一語り

しがない勤め人、大津 和行(かず)、のキーボードから紡ぎ出される日々語り

サッポロの微アルコール飲料 The DRAFTY がうまかった

f:id:small_editor:20210922235644j:image

 最近、微アルコール飲料が流行だ。

 アサヒのビアリーとかのヒットを見れば分かる。

 サッポロも出したんだと迷わず購入。The DRAFTY。

 この前作ったフィッシュアンドチップスのあまりとともに飲んだら、これはうまかった。

 本格的なビールみたい。

 さすが私の愛する赤星を作るサッポロだ。微アルコール飲料も手を抜いていないね。

アサヒ生ビール マルエフ が売れているそうだ

 最近売られ始めたなぁと買っておいたビール。

f:id:small_editor:20210920204303j:image

 どうやら、このビールえらく売れているらしい。 

netatopi.jp

 発売から4日間で一時休売とのこと。

 まぁ、アサヒの生ジョッキ缶と同じ感じだね。アサヒだとなんか相違ことが多いね。売れるからよいのかも知れないが。

 飲んでみたら、なるほど、懐かしい感じの味。うまいと思うね。サッポロの赤星に近い感じ。

 アサヒスーパードライのヒットに伴い、なくなってしまった生ビールのようだけど、今回復刻とのこと。

 ただ、業務用としての樽生としては細々継続していたようで、そう言えば、知り合いの店で生ビールを飲んだとき、アサヒの樽生だよと言って出してくれたことを思い出し、そう言えばかなりうまかった思い出がある。

 サッポロの赤星も業務用主体に庶民的な居酒屋で出されていた味。このマルエフもそういう路線となれば私の口には合うのだろう。

 かなりうまかったので、これからも買いたいと思った次第。

吉野の柿の葉寿司を多分初めて食した多分初めて食した

 奈良県には吉野という地がある。私自身は吉野までは行ったことがない。

 現在、関東に生まれ、東北や北海道には住んだりして今は関東住まいの私にとって、東の方よりは西の方が詳しくなかったりするわけで。

 しかし、吉野が日本史上高名な地であることは知っている。室町時代初期、南北朝時代南朝が置かれた地。京都を追われた後醍醐天皇奈良県の奥の地、吉野に南朝を置き、朝廷が南朝北朝に別れた時代があり、日本史上重要なトピックである一報の朝廷が置かれた地。

 

 テレビを見ていたら、吉野の柿の葉寿司が出てきた。

 私はふーんと思って見ていたのだが、妻は吉野に行ったことがあり、柿の葉寿司が美味しいんだよねとのこと。お土産にも買ったくらいとのこと。

 なるほど・・・とか思っていたら、ちょっと買い物に行った先で柿の葉寿司が打っていたので、買ってみた。

f:id:small_editor:20210919105323j:image

 なるほど、大和吉野とのことですね。
f:id:small_editor:20210919112501j:image

 柿の葉に包まれていますね。
f:id:small_editor:20210919105326j:image

 開けると、まぁ、しめ鯖のような感じですかね。

 美味しかったです。

 

 もともと、和歌山県は熊野から奈良県吉野を結ぶ街道が さば街道 と称されるところで、まぁ、塩漬けでサバが運ばれるので、その間に熟成し、それを柿の葉で包んで圧をかけてしめ鯖的にしたものが発祥のようで、なんかとても共感できる話。

 というのも私は今や釣り人だから。

 サバの足の速さがよく分かるし、そうなると、冷蔵技術がなかった昔は塩漬けで運ぼうとするのはよく分かる。そしてそれが発酵するのもよく分かる。カタクチイワシでアンチョビを作ったりしている私からしたらとても共感できるからして。柿の葉がたくさんあるというのが奈良の特徴だったのだろう。吉野は敗走して南朝を建てた位の山部傘が想像される地だから柿も多かろう。

f:id:small_editor:20210919112455p:image

 人間ドック後に飲もうと飲みかけであった新潟の辛口の名酒、麒麟山と共に柿の葉寿司を美味しく頂いた次第。美味しいし、なんか歴史や風土を想像しつつ食べると面白いよね。

人生の大事

勝ち組、負け組とかいう言葉が昔流行った。まぁ、バブルの頃とかその後とか。

まさかね、負け組になんてならんよと思っていた私。

もうどう見たって負け組。

出世もしていないし、持ち家もない。妻はいるが。

 

でもね、大きめのカサゴ4匹を昨夜釣った私にとって・・・

 

人生の大事は、カサゴをうまく捌くこと。何をおいても今の私にとっては重要。

f:id:small_editor:20210731234829p:image

 ほら、姿作りにしてみたよ。最近、よくカサゴが釣れるから修練を重ねてこれができた。

 妻も大喜びしてくれた模様。

 これで、妻と一緒に越乃寒梅をいっぱいやるのが人生の大事。負け組だっていいのさ。

f:id:small_editor:20210731234858j:image

 姿作りの過程。

 いや、美味かったよ。

今日追加発売されたアサヒスーパードライ生ジョッキ缶買えたけど

限定数追加発売されたこの商品を買いに行った。何軒か回るも売り切れの場所多く。

f:id:small_editor:20210615213222j:plain

でもなんとか5本購入できた。ビールくらい飲ませろよとキレかかっていたところでしたが、なんとか。


www.youtube.com

温度が少し高かったのか、運搬中に揺れたのか、あふれました。でも、うまかった。

ピザハットの創業記念日の今日、えらく安くなっていたピザを買って妻と二人でビールを楽しんだ次第。

f:id:small_editor:20210615213848j:plain

 

 

奇跡のアジのなめろうと赤星缶飲み始め

 なんか、紡錘型の魚を釣り上げると、よくアジですか?と聞かれる。

 今日なんかは、カタクチイワシを釣って、子どもたちがアジ?アジ?と。

 アジってこんな形じゃないよ。

 大人達がアジ釣りたいアジ釣りたいと言っているからなんだろうね。

 正直言って、アジってそう簡単に釣れるもんじゃない。釣りを始めた数年前、まず一匹釣れるまでが長かった。お金をかけて管理されている釣り公園に何度も足を運び、釣り方だって、私たち夫婦の釣り方がおぼつかなかったのか、釣り場にいたおじさんが手取り足取り教えてくれたりして、それでも釣れず。何度か通って、ようやく釣れたのが、カタクチイワシ1匹。カタクチイワシは群れに当たるとかなり釣れるので、面白がって釣りにハマっていったのだが、そう簡単にはアジは釣れなかった。いろんな魚を釣ったが、アジは来なかった。豆アジは釣れたが、皆が求めるアジはなかなか来なかった。数ヶ月後、当たりがあって、あれ?これアジじゃない?うれしかったよ。

 アジなんてそれくらい苦労して釣り上げるもの。

 あ、それアジ?なんて気軽に聞いちゃいけない。これ本音。

 

 紡錘型ってこんな感じの魚ね。

f:id:small_editor:20210529230611j:plain

 まあ、だからハゼとかカタクチイワシとかは紡錘型とは言えないかな。

 とまれ、昨日は奇跡的にアジが少し釣れたので、なめろうにした。

 奇跡のなめろうと・・・この前ようやく買えた赤星缶。

f:id:small_editor:20210529215617j:image

 海鮮スープも作ったけど、こういう感じで、赤星缶の飲み初日が出た次第。なめろううまかったー。というのも、釣り立てを捌くとまだ熟成感がないのだけれども、さっぱりいただけてこれはこれでうまいものですよ。

 

はてなブロガーの方は読者登録をぜひお願いします☆

赤星缶、初日出ました

初日が出るとは大相撲で、その場所で初めて勝つということを意味する言葉だが、やや意味は違うがやっと手に入れたという苦労を、負けが続いてようやく初日が出ましたとか言われる大相撲の慣用句に絡めて表題にした次第。

www.jbja.jp

この記事は知人がSNSで言及していたので知った。そうか5月25日にサッポロラガービールの缶の発売初日ということは覚えていた。4月の配置転換以来、どうにも調子が出ず加齢も伴ってかいろいろ忘れがち、疲れ切って寝るだけの毎日でつらいことが多いのだが、よろよろ帰ってくるうちにも座れなかったり、交通機関に遅れが出ていたり、疲れた体に鞭打つことばかり。

最寄りの駅に着いて、忘れそうだった赤星缶の発売初日なのを思い出した。

 

赤星缶は例年、コンビニだとファミマによく置いてあることを知人から聞いて知っていたので最寄りのファミリーマートに行くもない。こうなると意地で、ドラッグストアに行ってもなくて、スーパーにもなかった。最後に別のファミマに行ったらあったよ。新発売。

 

ということで買えました。初日に。

 

f:id:small_editor:20210525200920j:image

負けが続いて、今夏場所ようやく〇〇に初日が出ましたと大相撲でアナウンサーが言っているのを聞くが、それらの労苦の末という意味も含めて、赤星缶の初日が出ましたと表現したい。

 

赤星は私も妻も大好き、ゴミ捨てを気にする妻がいつもは業務用に瓶しかない赤星が缶で買えるこの時期はことさら喜ぶし、今回の赤星缶初日も私と並んで喜んでくれて良かった次第。

 

はてなブロガーの方は読者登録をぜひお願いします☆

 ====

 雨の休日は籠もって一杯と思う時の強い味方になろう。

今週のお題「雨の日の過ごし方」

角打ちが閉まっていた

ついこの間まで19時まで開いていた角打ちが閉まっていた。

まんえん防止云々と書かれていたがまんえん防止重点措置はずいぶん前からだからなぁ。

寂しい感じがした。

ついこの間は開いていて、今日は閉まっている。そのコントラストがね。

昼飲みのつまみ作り

f:id:small_editor:20210502193750j:image

昼飲みのつまみを作った今日。

真ん中のはアジのカルパッチョ。釣ってきたアジを美味しく頂くにはこれが結構いいよ。左は、マグロ。魚屋さんで買ってきたマグロを切ったんだけど、これはうまかった。

上のは同じマグロを角切りにして山芋のやまかけに。

力を入れたのが、右のアスパラガス。レンジで柔らかくして、バターとオリーブオイルで炒めてコショウを振る。結構手間がかかったし、アスパラガスって高いしね、これが一番手間がかかったか。

続きを読む

サッポロのノンアルコールビール、うまいし機能性があるらしい

f:id:small_editor:20210502171142j:image

外で飲もうかと、何気なく買ったサッポロのノンアルコールビール

結局外で飲まずに家に持って帰ってきて飲んだが、なかなかに良い。

味も良いのだ。

これで謳い通り尿酸値も下げる効果があるならなお良いのではないかと思う。

サッポロは赤星をはじめ大好きなブランドだが、やるじゃないか、ノンアルコールでもと思った次第。

 

続きを読む

アサヒスーパードライ生ジョッキ缶の泡立ち動画


www.youtube.com

こんな感じ。スーパードライはそこまで好きではないが、キレの良さは健在で泡立ちの暖かさが相まって美味かった。

妻と二人で分け合ったが。

注がずに缶から飲むのが前提と思われる。

遅きに失するも手に入れられた喜び~アサヒスーパードライ生ジョッキ缶

 えらく大人気で手に入らないビールで全国販売開始2日間程度で売れすぎで販売休止に至った缶ビールがあるようだ。

 アサヒスーパードライ生ジョッキ缶。 

netatopi.jp

 かようにニュースになっているくらい。

 私は好きな動画作成者が飲んでいたのを見て興味を持ったので、今週の火曜日発売の時は、早起きをしてよろよろ仕事に行っていたので気づかず、今さら手に入れたいと思ったところで、どこも売り切れ。

 今朝は別件でスーパーに行き、妻の欲しいものを買ったところで、たまたま酒売場を見たら、あったよ。本当にあった。たまたまね。

f:id:small_editor:20210424210350j:image

 遅きに失したが、買えたもの。それって普通に狙って買えた時よりもうれしい感じだよ。

業務スーパーのノンアルコールビール

f:id:small_editor:20210329204238j:image

 買ってみました。80円以下で格安。ドイツ製だって。

日本のビールっぽくはないが、外国産で0.00%ってあるんだね。

最近、酒量が増えがち。ノンアルコールに戻していこうと思う今、この安さは正義だ。

今度行ったらまた買おうっと。

キリンのクラフトビール「SPRING VALLEY豊潤496」を飲んでみた

  先日新発売されたキリンのクラフトビール「SPRING VALLEY豊潤496」がうまそうだと知り、買い求めに走った。 

www.springvalleybrewery.jp

 コンビニとかで買えるのかなぁと思いつつも、思いもかけずローソンで見つけたので、購入。でも全部のローソンにあるわけでもなくあるところとないところはあった。他のコンビニでは見かけたことなし。

 スプリングバレーブルワリー、初の国産ビールを製造した醸造所であるらしいが・・・。そう言えば、スプリングバレーブルワリー橫浜というビアホールには行ったことがあり、まぁ、キリンビールの横浜工場の横にあるビアホールだが、色々なクラフトビールが飲めて、それなりのお値段はするのだけれども、うまかった思い出がある。

f:id:small_editor:20210327232033j:plain

 さて、妻と一緒に飲んでみましたよ。

 うんうん、確かに、クラフトビール的。フルーティさが先に立ち、なるほど、スプリングバレーブルワリー橫浜で飲んだビールのような味。スプリングバレーブルワリー橫浜は、まぁ、クラフトビールを客に飲ませる試験的な意味も含めたアンテナショップ的な部分があるようであったが、それがコロナ禍において宅飲み需要が増えて製品化されたらしい。

 そうでなければ、スプリングバレーブルワリー橫浜のようなアンテナ的ビアホールで死蔵されていたものかもしれぬと思えば有り難さも増そうか。

 そもそも、スプリングバレーブルワリー系ビアホールは、橫浜と東京は代表的おしゃれ地域の代官山にしかないようなので、家庭で飲めるのは贅沢と言えようか。