今日の一語り

しがない勤め人、大津 和行(かず)、のキーボードから紡ぎ出される日々語り

揚げ玉があったから起こった連鎖

f:id:small_editor:20240722075019j:imageこの物価高、まぁ、仕方ないのだろうが素早く順応できるほどデフレ不況時代は短くなかったから、今でも不況時代の半額シールに飛びつく癖は治っていないどころか激化している。

冷やしそば、うどん系統が半額だったので買ってきた、その付け合わせにという余勢を駆って買ってしまった揚げ玉半額。当然残る。

だからと妻がうどんを買ってきて揚げ玉うどんにしてくれた。美味い。

何か連鎖している気もするがよしとしよう。

このうどんを作ってくれたのは休日で、休日だと外食したがる私が揚げ玉買った責任感から内食でいいやと思う効果もあったし。

ウナギを食べて美味かった、私の人生に中でかくも変わるとは

f:id:small_editor:20240723074115j:image

中国産だけど割引になっていたから買っておいたからね、ウナギ。

そんな妻からの言葉にルンルンで帰った昨日。

酷暑もあり、週日の仕事の疲れも累積し、疲れていたから、妻の心遣いがうれしい。

食べたよ。

美味かった。

完全養殖が困難と言われていたウナギも完全養殖への技術開発も進むと報道で見た気がする。

人類の飽くなきウナギへの探究の粘りもすごいなと思っていつつ、やはり長年の習慣は大きいなと思った。

それにしてもこの酷暑という異常気象、ウナギが食べられなくなる、秋刀魚もとれなくなる。旧来のことが私が生きている間にかくも変わってしまうとは想像し得なかったな。

あえての日曜日の釣りで、釣り抜く

 昨日は日曜日、明日から仕事の日の釣りは釣れないとそのブルーに拍車がかかり危険だということは以前に語った。日曜日の夜の釣りは危険だと。

small-editor.hatenadiary.jp

 でも、昨日の日曜日、釣りに行った。その前の土曜日、週日の疲れからかぐったりしてあまり動けず、その前の週は信州等を旅していたので釣りに行っておらず、暖かくなり釣れる季節にあまり釣りに行っていないので、行っておきたかった。

 そもそも、釣りというのは経験を積んでくるといつどこに行けば釣れるかというのは分かってくる。ではそこに行けばいいじゃないかということはあるが、だいたい混み合っていて入れないという新たな問題が出てくる。

 日曜日の夜は、やはり空くことが多い。そこで釣れなくてブルーが強まるのはいやだという意識が働こうか。また、夜になると次の日の仕事も気になってしまうし、ファミリー層は暗くなってまで海辺にいない。

 

 ということで、潮回りも良いし、釣果報告も上がっていたところで、暗くなった頃合いで釣りをしてみた。

 

 うむ、釣れた。アジが。非常にうれしい魚だ。

f:id:small_editor:20240722195234j:image6匹も釣れたのだ。しかも釣り場は日曜日の夜で空いていた。昼間は結構混んでいたと思うんだよね、休日だし。夜に行った勝利。そして、潮回りを読めた勝利。

f:id:small_editor:20240722202959j:image月曜日の今日、帰ってきて捌いた。なかなか良い色味である。
f:id:small_editor:20240722202956j:image3枚におろして、いい感じ。

f:id:small_editor:20240722220224j:image
f:id:small_editor:20240722220221j:image妻が刻んでくれた薬味と混合させて叩く。味噌は適当に混ぜてみた。

f:id:small_editor:20240722220327j:imageここまでしたら、妻がシソでくるんで焼いてくれている。

あえての日曜日の釣りで釣り抜いた。調理師尽くしたという感がある。

ここまでやって釣りは終了なわけで、明日の弁当にはこのアジの「さんが焼き」が入ってこよう。

やり抜いた感覚がとてもある次第。

あぁ物価高

日曜日は、休日ならではの喫茶店モーニングに行った私たち夫婦。

色々行く候補はあったのだが、次の記事がすごく目に留ったんだ。

toyokeizai.net

この記事を見て、おぉ、あのキーコーヒー直営店舗がモーニングだと500円台かぁと、お得感に惹かれて駆けつけたんだ。

 次に日曜日のキーズカフェでのモーニングの様子を語っている。

small-editor.hatenadiary.jp

 予想に反して、「おおむね600円から700円台で、え?高いなと思ったよね。

 私は先述の通りスフレパンケーキのセットで600円台後半。

妻が頼んだ一番安いモーニング、米粉パンのトーストのもので520円。

先のネット記事ではキーズカフェのモーニングは最安で450円から。

でも、スフレパンケーキとかのセットはなかった様子。なるほど、付加価値のあるものを加えて客単価を上げようという狙いは分かってきた。

店内に価格値上げの告知が掲示されていたからなるほど、それでかと納得。

しかして、前掲のネット記事も今年の5月25日にアップされたものだからそこまで古いものではない。最近の値上げだったんだね。

 

もちろん、このカフェはコーヒーだけでも結構高い喫茶店だから、それでも結構お得なんだが・・モーニングで早出して一人あたり500円以下で済まぬとなると、物価高騰のスピードが目に見えるだけに、昔のことを知る者にとっては寂しい思いは否めない次第。

 

KEY’S CAFE モーニング

 なんか、今日はどうしても外の喫茶店でモーニングを食べたかった。

 キーコーヒー直営のKEY’S CAFEに来てみた。

f:id:small_editor:20240721103421j:imageスフレパンケーキのモーニング。六百円超は少し高くも感じたが、昨今では仕方ないのだろう。スフレパンケーキはとても美味かった。

 間に合ってよかった。11時までのようだ。

長野県で野沢菜を買ってきた

f:id:small_editor:20240719120606j:image
f:id:small_editor:20240719120610j:image
f:id:small_editor:20240719120602j:image

今回の旅で長野県での滞在が長かったのだが、長野県でよく見かける野沢菜。長野県のソウルフードたる「おやき」の具としても一般的だが、なかなか美味しかったので買ってきた次第。

「おやきlの中に細かく刻んだ野沢菜が入っていて美味しかったので妻が細かく切って供してくれる。それで食べいている。美味い。

今回購入したのは安曇野のもの。安曇野あたりも行ってみたんだよね。いい場所だった。

今回の旅でソフトクリームが食べられた

 今回は、長野県に二泊投宿し、黒部ダム富山県に一時期入ったりした。神奈川県から長野に行くからして当然山梨県は通る。

 山梨県八ヶ岳あたりにしても、長野県の霧ヶ峰高原にしろ、そのへんに行ったのだからソフトクリームが大々的に売られているところを通ったり滞在したので、当然食べられると踏んでいたが、タイミングが合わず食べられなかった。

 ようやく帰路につきながら食べられたのが3日目の今日である。

 プレミアム八ヶ岳南牧村しぼりたて牛乳ソフト。

 いやいや、これが素晴らしく美味しかった。

 シャトレーゼ系列の店で売っているものであるが、乳脂肪分がかなり感じられて美味い。

 南牧村というのは八ヶ岳にある山梨県の村。なるほど。

 

 最後に滑り込みでソフトクリームが食べられた次第。よかった(^-^)

 

ソウダガツオの「さんが焼き」

ソウダガツオを釣り上げて、刺身で食べたり、たたいて生食(うずわ飯)したり、血合い部分は煮付けにしたりしたわけだが、たたいて生食用にしていたものが余った。うずわ飯で食べきれなかった分だ。

ソウダガツオの中でも釣ってきたのはマルソウダで特に足が速いので、冷蔵庫で保管していても翌々日まで生食したくはなかったので、アジに「なめろう」を翌日以降に食べるときに「さんが焼き」という形で食べることが多いがその調理法を援用したく思った。

 アジをネギ生姜を入れてたたいて生食するのを「なめろう」と言うが、今回ソウダガツオも同様にネギ生姜を混ぜてたたき込んで生食したからして、あとは、アジの時同様、味噌を混ぜて味付けしてシソを巻いて焼けば「さんが焼き」となろう。

 という構想を立てたまま、仕事疲れからか夜寝でぐっすりだった私に代わり妻が夜中に靴を作ってくれる小人さんのごとく私が寝ている間に生食用ソウダガツオを「さんが焼き」として仕立ててくれた。

 翌日の弁当に入れてくれた。

とても美味かった。ありがとう妻よ。

奥の紫蘇巻きが「さんが焼き」。

手前のは煮付け。ソウダガツオ弁当みたいになった。

ソウダガツオの血合い部分は煮付けた

ソウダガツオの中のマルソウダを9匹ほど釣って来て、生食をして来た話を語って来たが、ソウダガツオのマルソウダは身の真ん中辺に血合い部分があって、それを除いて生食した。うずわ飯では血合い部分も含めて叩いて生食するようだが、そこまでの勇気は出なかった。

その血合い部分、どうしたかと言うと・・・
f:id:small_editor:20240711074139j:image

かように選り分けた血合い部分

中骨に沿って血合い部分があるので中骨をまた除去してから・・・
f:id:small_editor:20240711074427j:image

煮付けました。醤油、味醂、料理酒、水を全て等量。100ccの液体に砂糖を大匙2くらい投入した液にて。

翌日の弁当になって、これはこれで美味かった。

血合いとなるとどうしても臭みが出るものだが、海水氷で非常に新鮮に持ち帰ったためかそういう臭みも感じず美味しかった。

うずわ飯を作った

さて、先日、千葉県は房総半島の館山でソウダガツオを釣ってきて色々食べているわけだが、その生食にも成功した。

small-editor.hatenadiary.jp

 

ソウダガツオの生食ができたとなれば、うずわ飯を作ってみたくなった。

 

以前、静岡県伊豆半島の都市、伊東市を旅した時に食べたくて食べられたかったものに「うずわ飯」というものがある。

ito-marugen.com

なんかすごく美味そうであったので心残りであったのだが、うずわ とは ソウダガツオのことで、その背中の模様が「渦」に似ているからのようで、非常に足が速い魚であるから、幻の漁師飯として伊東市の名物になっているのが うずわ飯 。今、釣ってきたソウダガツオの生のものがあるから作れるではないかと、冷蔵庫保管していたソウダガツオの血合いを除いた部分で作ってみた次第。

f:id:small_editor:20240710183917j:image

 出刃包丁を持ち出してたたく。なかなか具合が良い。


f:id:small_editor:20240710183912j:image

 アジのなめろうは良く作るので、そんな感じで、ネギとショウガを混ぜてみた。


f:id:small_editor:20240710183907j:image

 青唐辛子を刻み入れるのが本式だが、なかったので七味唐辛子を振りかけてみた。

 なんにしろ、非常にうまい。

 アジのなめろうも美味いのだが、この うずわ飯も非常に美味い。新鮮だからこそ、くさみも少ないからだろう。

 なかなかに幸せだった次第。

 ソウダガツオの生食は、鮮度具合によってアレルギー物質ができているかどうかがドキドキだし、アニサキスがいるかもしれぬという寄生虫のおそれも否めず、色々ドキドキなわけだが、それを乗り越えて食べられた時の美味しさは格別であったりする。

 この暑い時期に冷たい生食の魚は格別に美味いし。

続きを読む

今日の釣果を早速揚げた

 さて、本日釣れたのが、カタクチイワシである。

 これくらいのカタクチイワシが20匹くらい釣れた。

small-editor.hatenadiary.jp

 アジが釣れなかったのは残念だが、なかなかの釣果であろうか。

 妻曰く、それくらいなら唐揚げにちょうど良いねと。

 

f:id:small_editor:20240707213956j:image

 さっと唐揚げに揚げました。

 結構カタクチイワシの唐揚げは妻も好きみたいで、私もなかなか美味しくて好きだ。

 


www.youtube.com


www.youtube.com

釣れたけど

f:id:small_editor:20240707194325j:image暑くなって来たし、水温も上がってきて、アジの釣果も聞こえて来たので釣れないかなと千葉県は房総半島、木更津にて竿を出した。かようなカタクチイワシはたくさん釣れたが、アジは音なし。寂しい。

外食徒然、家で朝から豪華中華2品

 外食が好きだ。外食、すなわち、外の飲食店舗で食べることだ。

 

 独身独り暮らしの頃は、仕事もして炊事も自分だけとなると、私は自炊する方であったが、なかなかきつい。だから、外食をしていたということはある。自分でも作れそうなものも外食で済ませたりしたものだ。

 

 しかし、最近は手間の省力化のために外食コストをかけるのはもったいないので滅多にしない。おいしくて栄養バランスが取れた食事を妻が作ってくれるからだ。もしくは私だって作れるからだ。

 

 だから外食に求める付加価値は手間の省力化ではない。自分では作れない味を食べたいからと言う付加価値になる。必然外食の回数も減っている。これは自分で作れぬものかどうかいちいち検討するからだ。

 

 中華料理屋は、大盛りだったり、餃子とか技巧が必要なものに関しては中華料理を外で食べる理由になったりする。

 

 しかして、最近、中華料理の中でも本格麻婆豆腐が家で作れるようになったり、

 

small-editor.hatenadiary.jp

山田うどん食堂で餃子として出している「かかし餃子」を仕入れたりしていた、

 

small-editor.hatenadiary.jp

それゆえに、家でも店で食べるような麻婆豆腐とか餃子が作れようと気づいた。

外食ではそのコストゆえ麻婆豆腐か餃子はどちらか、それとも餃子は3個くらいにするとかでやるわけだが。

f:id:small_editor:20240707083507j:image

家で自炊なれば、餃子は12個、麻婆豆腐は花椒の効いた本格的なものが朝から作れちゃうわけでとても贅沢な気分になれた次第。

昨日はスタバにて外食朝食だったが、家での食事だと非常に豪華にできる次第。

全部は食べ切らなかったが、あとは楽しみでとっておけるので良いわけである。

たっぷりで幸せだが、食べ過ぎ注意ではある(笑)

活〆佐渡サーモンを食べた

 少し前になるが、5月の連休時に、角上魚類に行って買ったのがこちら。角上魚類は新潟は寺泊に本社がある鮮魚店で関東にも店舗を展開している魚屋さんだが、寺泊本店では紅ズワイガニを買った思い出があるので、連休時、遠出しようにも混んでいるので、近場のこのお店で遠く日本海の海産物を感じたくて行った次第。

 活〆佐渡サーモンというのがあったので買ってみた。佐渡島は私たち夫婦の新婚旅行の思い出の地だしね。活〆佐渡サーモンとはどんなものなのか調べてみた。

活〆佐渡サーモン | 弓ヶ浜水産

 なるほど、活〆佐渡サーモンは佐渡島養殖場で育てられた生のサーモンなのだなと理解できた。

 生だからアニサキスの注意があるわけだね。

 皮付き。以前ならびびったところだが、釣り人になっている最近では別に驚くほどではない。

まぁ、アジの皮をひくよりも簡単に皮を引けるよね。さっさと捌いた。アニサキスはさすがに用心したよね。ないかどうか目を凝らした。

 

 なかなか美味しかった。冷凍のサーモンとはまったく違う、生ならではの出色のうま味があった。

 なかなか珍しいものを食べたなと思った次第。

 

 暑くなるこれからもこういう冷えたものは美味しく感じるだろう。あったら注目していこうかな。

続きを読む