今日の一語り

しがない勤め人、大津 和行(かず)、のキーボードから紡ぎ出される日々語り

ソウダガツオの血合い部分は煮付けた

ソウダガツオの中のマルソウダを9匹ほど釣って来て、生食をして来た話を語って来たが、ソウダガツオのマルソウダは身の真ん中辺に血合い部分があって、それを除いて生食した。うずわ飯では血合い部分も含めて叩いて生食するようだが、そこまでの勇気は出なかった。

その血合い部分、どうしたかと言うと・・・
f:id:small_editor:20240711074139j:image

かように選り分けた血合い部分

中骨に沿って血合い部分があるので中骨をまた除去してから・・・
f:id:small_editor:20240711074427j:image

煮付けました。醤油、味醂、料理酒、水を全て等量。100ccの液体に砂糖を大匙2くらい投入した液にて。

翌日の弁当になって、これはこれで美味かった。

血合いとなるとどうしても臭みが出るものだが、海水氷で非常に新鮮に持ち帰ったためかそういう臭みも感じず美味しかった。