今日の一語り

しがない勤め人、大津 和行(かず)、のキーボードから紡ぎ出される日々語り

すき家の牛丼ライトは牛丼界の新機軸だなぁ

昨夜は夜釣りに出かけたが、まぁ、釣れなかったんだけどね。

 釣りの後に何か食べようかとなったのだが。

 釣りに出る前にちょっと食べていたから、そこまで重くは必要はない。寿司屋もあったけど、寿司は昼に食べたし・・・

ということで、何気なく入った牛丼チェーンのすき家

昨夜は夜釣りに出かけたが、まぁ、釣れなかったんだけどね。

 

 釣りの後に何か食べようかとなったのだが。

 

 釣りに出る前にちょっと食べていたから、そこまで重くは必要はない。寿司屋もあったけど、寿司は昼に食べたし・・・

 

ということで、何気なく入った牛丼チェーンのすき家

 

news.sukiya.jp

牛丼ライトというメニューを妻が目に付けた。

なんだなんだ?

そう、重い必要がないのであればこれはどうだろうと。

なにがどうなのか・・・

それは牛肉の下が、サラダでその下が豆腐であるということ。

 

これだーっ!!

かなり今の気持ちにビンゴだったので、早速注文。

f:id:small_editor:20200704223809j:imagef:id:small_editor:20200704223800j:image

 いやいや、うまかったんですよ。牛丼屋っていうと、どうしたって高カロリーにメタボって思うんだけど、これは夜食にもいい。

 今朝は・・・f:id:small_editor:20200705111111j:imagef:id:small_editor:20200705111119j:image

 豚丼だけど、豚肉の下にサラダと豆腐にして朝食にしてみたよ。ごまドレッシングはわが家のとっておきのものなんだけどね。

妻にもとても喜んでもらえてよかった。

 

牛丼ライトは牛丼界の新機軸だなと思うくらい衝撃を受けた昨夜だったが、結構昔からすき家では牛丼ライトはやっていたらしく、まぁ、そこまで新しいことではないのかもしれない。

 

出前寿司のランチ

いやー、自分で出前の寿司が取れるようになるなんて・・・実は思っていなかった。

それくらい、昭和世代の中年の私にとっては出前の寿司が貴重。 

small-editor.hatenadiary.jp

 そのへんのことは上記の語りでも語ったりしているが、上記の語りで出てくるような3人前の桶だと妻と私の二人ではやや多すぎる。食べ過ぎて太る(^-^)

なんか、ランチの1.5人前握りなるものがあったので、そっちにしてみた。

3人前の桶だと3,000円近くするのが、ランチ1.5人前握りだと1,000円ちょっと。二人分頼んでも安い。

f:id:small_editor:20200705075443j:image

ランチ握りも上と並があったので、並にしたら、まぁ、ネタが少し安めに感じるが十分にうまい。というか、家でにぎり鮨を出前取って食べている時点ですごいんだから(^-^)

配送料がかかる部分はあるが、なかなかいいなと思った次第。土曜日にランチをやっていてくれるのもうれしい。

 

断酒一回中断

 さて、次の語りで断酒をしていることを語った。 

small-editor.hatenadiary.jp

まあ、町田康さんの本を読んで、まぁ、やめてみようと思ったことがきっかけだ。

そもそも、飲む方ではなかったので飲み会でもない限り家飲みをしていなかったのが、人生うまくいかなさ加減にストレスをつのらせたか、週一回飲酒が常態化してきていて、コロナ禍でそれに拍車がかかりそうで、やめてみたのだ。

ただ、やめてみると不思議なことに私より飲まない妻が、なんか寂しそうだ。

あと、次の語りを語ったところ・・・ small-editor.hatenadiary.jp

 まぁ、瓶ビールが死蔵されていたのだが、お酒が大好きな知人が、ビールは賞味期限があり、賞味期限内でも早いほうが美味しいですよとアドバイスをくれた。

同じ醸造酒でも日本酒とかワインとかは長く飲めるよね。何年経っても。ワインなんかは○○○○年ものとか言ってビンテージのものがあったりするくらいだから。

ただ、確かにビールは賞味期限がある。あまり飲まないから、買い置くこともなく、一回飲みきりの量を買っておくくらいだから今まで意識していなかったが、経験豊富な知人は分かっているらしい。

本当は進呈したいくらいであるが、うーん、それも現実的ではないかな・・・

となると、美味しいうちに飲んであげましょうということになる。

 

まぁ、断酒も1ヵ月を超えると、妻も、私とたまには飲みたいとか漏らすようになってきた。面白いものだ。私が上記人生上のストレスゆえか外で飲み過ぎると心配していた妻がそんな感じになるとは。

 

ということで、先日、神奈川県伊勢原市大山阿夫利神社下社まで行ってきた時に、無効の名物である豆腐・・・まぁ、豊富に湧水が出るから豆腐造りが名物のようだが、豆腐の味噌漬けというのがあったので面白そうなので買ってきた。それをあてに一杯やることにした。

f:id:small_editor:20200702222728j:image

 豆腐の味噌漬けに、手前のがやはり大山名物のきゃらぶきだよね。ほら、先日大津屋で買ってきたもの。

 二人でサッポロ赤星中瓶一本を飲みました。あと、やはり賞味期限が近くなっていた冬限定の缶チューハイかな。5%。これを一本。

 久々に飲んでみて・・・まぁ、確かに陶酔感があり、ただ、陶酔感のなかで、ぼーっとする時間も長くなるので、まぁ、あまり生産性はないなとか感じつつ・・・また、断酒生活に戻ることとします。

川崎市中央卸売市場北部市場 富士弁の豚モツ定食

 市場巡りが大好きな私だが、コロナ騒動もあったりして、久しく行けていなかった、川崎市中央卸売市場北部市場。

 午前中に行けたので、ちょっと早めだけどと食事に。

f:id:small_editor:20200702222524j:image

 f:id:small_editor:20200702222552j:image

 青果棟にある富士弁さんで豚モツ定食を頂く。実はここの豚モツが多分最大級に好き。これ以上美味しい豚モツはなかなかお目にかかれないと思っている。

 小豚モツにするか普通のにするか迷って普通のに。普通でこれくらいだから盛りが良い。

f:id:small_editor:20200702222614j:image

 最近は午前4時開店の午後12時15分注文終了のようだ。以前は13時近くまで注文できたと記憶するが、早くなったのかな。

 見覚えのある店員さんも時の流れと共にお年を召されたようで、私も50歳近くになっていることを思えば当然か。それと共に営業時間が段々短くなっているのかな。

 とまれ、とても美味しくいただけたし、本当に食べられて良かった豚モツ定食。今度はいつ食べに来られるのだろうか。

夏野菜カレー作ってもらった

f:id:small_editor:20200630194924j:image

 もう夏だよね。暑い。

 直売所系統で買いまくってきた夏野菜の数々があったので、妻に夏野菜カレーを作ってもらった。

small-editor.hatenadiary.jp

 昨年の夏からYouTube動画に影響を受けて、横濱舶来亭のカレーフレークを使った夏野菜カレーにはまっている。

 今回は、ビーツ、シシトウ、茄子、人参等。家にある直売所系統から買い集めた夏野菜大集合。

 こういう栄養素は必要。

 うまかった。 

 

僕がガオッ

f:id:small_editor:20200630175734j:image

大山に昨日行ったのだが、ケーブルカーで上に行って、熊出没注意の看板。

この辺は昔登山したこともあるが、熊出るんだと思いつつ。

癇癪持ちの私、撮ってくれている妻に、僕がガオッ?って言ってみた。

 

デカいかき氷食べました

 いやー、今日は暑かった。なんか30℃くらいまで上がったのかな気温。

 そんな中、貴重な梅雨の晴れ間、神奈川県伊勢原市の大山に行って来た。

大山阿夫利神社下社まで、ケーブルカーで登った後、降りてきて暑かったので、かき氷で有名っぽいお店へ。

f:id:small_editor:20200629143307j:image

 でかいよね。大山の門前町の入口あたりの清水屋みやげ店というお店。

icotto.jp

 顔の大きさくらいあるか。いや、僕の顔は大きめだから私ほどはないだろうけど。

これはカルピス&ライチという味。うまいね。

 

 平日だけど結構混んでいて、30分以上は待った気がするが、この大きさはうれしい。

 平日でこんなに混んでいるのは、テレビとかにでも出たのだろうか。古民家風の家の中で涼めていたので、よかったのだが。

f:id:small_editor:20200629183617j:image

 私の方は巨峰&オレンジかな。かなりうまい。

 ここまででかいかき氷ってなかなか見ないからうれしいね。

 どちらも700円。ネットで見たりしていると、2017年にはもっと安かったようなので、まぁ、人気出て上がったのかなと思わぬでもないが。

 梅雨の晴れ間の猛暑の今日、いいお茶になりました。お茶って言うか、これが昼食になっちゃったんだけどね。

 

大津屋のきゃらぶき

私は大津和行である。

かの夏目漱石吾輩は猫であるみたいな書き出しだが、ここでも本名でやらせていただいています。

今日は神奈川県伊勢原市の大山に来ているが、東京出身の私は何度かは来たことがある。関東では有名な霊山であるゆえ。

ただ、大分久しぶりであり20年以上前かな。

ただ忘れ難くここに来ると必ず思うのがここ。

f:id:small_editor:20200629141734p:image

大津屋。きゃらぶきを製造している老舗。きゃらぶきとは蕗の漬物だよね。

姓の大津が一緒なだけに素通りできずに買わせていただきました次第ですよ。きゃらぶき

 

大山阿夫利神社下社に来た

f:id:small_editor:20200629125831j:image

標高は700m弱だが、風が涼しくて気持ち良い。

関東で自然信仰の山として名高い神奈川県伊勢原市の山。大山。

ケーブルカーで上がってこられるから中年でもなんとかなる。

保険や保証は効かないものと思っておいた方がいいのかな

中年になり物忘れも多くなってきて、昔見た映画も忘れてしまったりしているが、それでもまだ覚えている映画がある。

small-editor.hatenadiary.jp

2004年の語りだから6年前のことになるが、この映画。Mr.インクレディブル。ディズニー映画だけどね。アメリカ映画。

元ヒーローがヒーロー活動を禁止され呻吟としている様の描写から始まるのだが、印象的なシーンがある。保険会社に勤めている主人公が、保険のお客の保険金請求に関してそのお客に抜け道を教えてあげて、会社の利益にこだわる上司から怒られるというシーン。

 

なるほど、アメリカは公的な健康保険がなく、私的保険によりカバーしているから、受けられる医療に関して、格差があることは有名な話だし、そこを印象的な恋愛要素として使ってしまっているのが、ジャック・ニコルソン主演の「恋愛小説家」である。まぁ、いい医療保険に入っていないシングルマザーのヘレン・ハント演じる女性に言い寄るための手段として子どものために自分の保険を使っていいよみたいに言う冴えない中年恋愛小説家みたいな感じ。

 

閑話休題

 

私の母が、保険はもらえないものと思った方がいいとかつて言っていたのを思い出す。

私はファイナンシャルプランナー資格保持者であるが、ファイナンシャルプランナーの教科書的には人生のリスクヘッジのために保険に入った方がよいおすすめしなさいねという話になるのだが、私はファイナンシャルプランナー資格保持者ながらもそこはいささか懐疑的だ。

保険のあの読む気にもならない膨大な約款に、どこに免責条項があるか分からないからだ。前述のMr.インクレディブルのごとく、あれやこれや理由を付けて支払い子を断るのが保険会社の上司であれば、保険はそういうものだという思いはなきにしもあらずだ。

 

また、商品の保証にもはなはだ懐疑的だ。どこまで保証してくれるんだろう。いろいろ免責条項があるんじゃないか。

 

ここまで長々と保険と保証に関して語ってきたのは、ちょっと思うところがあったから。

f:id:small_editor:20200627152619j:plain

写真ではわかりにくいかもしれぬが、こんな風に、右下のボタンが引っ込んだまま戻らないお気に入りの時計がある。

 買ってまもなくかようになった思い出があるが、いろいろ難癖を付けられそうという保証への懐疑もあったし、唯一完動品の腕時計がこれだったので、使い続けてきた。

 

最近、もう一本新しい時計を手に入れたので、修理に出してみようかと思った。レビューを書くと5年保証が効くとかであったので、ダメ元で問い合わせを入れてみた。

 

予想通りだめだったね、ボタンに関しては保証範囲外なんだって。

 

理由は明かされていなかったけど、予想するに、ボタンは経年劣化により引っ込んでしまうこともあるからということなのだろう。

 

ただ、消費者感覚からすると買ってまもなく引っ込んだボタンは実用上支障があるから、保証期間なら保証されてしかるべきと思わぬではないけどね。

 

そう、保証や保険は効かないものと思っておいた方がいいのかもしれぬね。効いたらラッキーみたいな感じで。

 

こう言う話でもうひとつ経験がある。今度は保険の話。

はなはだ恥ずかしい話だが、図書館の本を汚してしまったことがある。

図書館からは代替本を買って納めるように指示されたのだ。

そこで、私は思いついた。個人賠償責任保険に入っていたことを。

図書館の本を汚してしまって補償を求められたので、その金額を保険でカバーしてくれるのかと保険会社に問い合わせたのだ。

 

答えは否。

 

このときは理由を教えてくれた。

図書館の本は借りた時点で借りている期間中私に管理責任が移っているので、その時に汚してしまったことに関しては個人賠償責任保険の範囲外だと。

はぁ・・・と思った。こりゃそうだな、保険はもらえぬものと思った方が良い。

優秀な法律屋さんがひねくりだした理屈だなと思った次第。

まぁ、個人賠償責任保険は他人管理のものを毀損した場合の保険であるから、この場合は該当しないということなんだろう。

理屈は通っているだろうが、消費者感覚としては使えんなという思いがある。

だって、管理責任はともあれ、図書館の本は私のものじゃないのだから。

 

今まで、保証や保険に助けられたことは数限りなくある。公的保険であれば、健康保険等中心に大いに助かっている。

 

ただ、含めて思う。保険や保証は効かないのがデフォルト、効いたらラッキーと思っていたら、多分幸せ。

たくさん釣れる小サバを楽しく捌いて美味しく食べる

 さて、最近は外出自粛も解けてきたので、釣りに出かけたりも出来るようになってうれしい。しかし、なかなか釣れない(^-^;今までは夜釣りで結構釣れていたと思うのだが、夜釣りでは釣れない。

f:id:small_editor:20200628143317j:image

 ちょっと遠くに行って、小サバが釣れた。こういうのは明るい時間に釣れるね(^-^)

 小サバでも15センチくらいあったと思うから、なかなか大きめ。

最近はサバ缶がツナ缶を抜かして売れているようで、サバの栄養価が評価されてということらしいね。

小サバは捌くのが手間がかかって釣りでも外道として嫌われるけれども、私は小サバは釣れると引きが強くてうれしいしきらいじゃない。まぁ、手間はかかっても栄養価は変わらぬから料理次第で美味しくいただけると思っている。

f:id:small_editor:20200628101255j:plain

 まぁ、サバは中骨が強いから、手間でも3枚におろす方がよい。中骨は捨てる。

f:id:small_editor:20200628102300j:plain

 ごま油を多めに敷いて揚げ焼きにする。小麦粉を薄く振っておくと身崩れしないと思う。

 その後、ニンニクを入れて香り付け。シシトウと合わせるとうまいんだ。小サバが釣れることを見越してシシトウを購入しておいて良かった。

f:id:small_editor:20200628103329j:plain

 できあがり。塩コショウで味付けしている。

f:id:small_editor:20200628103337j:plain

 これで十分うまいんだけど・・・

f:id:small_editor:20200628151635j:plain

 シシトウと小サバ焼きをパンに挟むと最近たまに見かけるサバサンド風でなかなかよろしい。

 ある釣り場で、小サバをたくさん釣っていたとき、やはり釣っていたおじいさんが仲間に「小サバをたくさん持ち帰ったら妻に怒られてしまう」と言う旨を話していたがそれくらい手間がかかるのは納得だ。わが家は最近は釣った魚を捌くのは私ということになっているから最近は捌ける量しか釣らないようにしている。以前は妻に捌いてもらっていたらやはり妻は小サバがきらいになっていた。自分で捌ける量を釣って自分で捌いて美味しく調理。これが小サバとのいいお付き合いの仕方(^-^)



 

 

腕時計新調しました・・・老眼用

 さて、このたび腕時計新調しました。

 そろそろ老眼が進み、大きな文字盤が欲しくて、こだわったのが、数字が書いてあること。視認性の良さで選びました。あと、メタルバンドじゃないとだめなんだ。

f:id:small_editor:20200702222447j:image

 

rich-watch.info

  SEALANE(シーレーン)という日本の新進ブランドのもの。

 ケース外径が45mmあるからでかい。そして重いし、リューズカバーもでかいけど、リューズカバーが通常の逆側にあるから、邪魔にならない。手首を曲げてもね。

 特殊な夜光塗料が使われているようで夜でも使いやすいらしい。夜釣りで活躍するといいのだけれども。

 気に入って使っております。

ノートPCって要るの?

 さて、コロナ禍で在宅ワークが多くなったことから、ノートPCの需要が増えたとか。

そりゃ分かるんだよね。今や仕事はパソコンなしにはできない感じだから、ノートPCが必要って。

small-editor.hatenadiary.jp

このにわかノートPCブームのために、いろいろノートパソコンが売り出されたりして、欲しくなってしまったりしていたが・・・

昔から持っているノートPCを分解メンテナンスして使えるようにした。

 

なぜそんな面倒なことをしたかというと・・・実は私にとってノートPCって要るのか?という根源的な問いがあったから。

 

かように毎日のようにブログを更新しているから、もうずいぶん前からノートPCによるモバイルはやってきている。ただ、それはモバイル手段がノートPCしかなかったからであって、今や、タブレット・・・ipadを持っていれば、モバイルは十分にできる。

9.7インチくらいあるipadだから、スクリーンタッチでの文字入力もある程度できるのである。それでこのブログ更新はできるし・・・さすがに文字量が多いことが多いので、それで足りないとなると・・・

 

f:id:small_editor:20200627152917j:plain

 Bluetooth接続のキーボードを使えば、まぁ、ほとんどブログ更新はできる。

 その意味ではノートPCって要るの?ってなる。

ipadとキーボードが分離しているから、これを平面に乗せるテーブルなりの台が必要となるのが大きな違い。ノートPCだとキーボードと画面が一体だから膝の上とかに載せて使える。そこが大きな違い。

 文章書きとしては、慣れたATOKで日本語入力できるPCが使いやすいけど、ipad搭載のiOSの連想入力も結構良くなっているので、悪くもない。

 となると、結局、私のようなブロガーにとってノートPCの必要性は、膝上に乗せてまで更新したいときってことになろうか。うちはソファがないので、座椅子でテレビでも見ながら更新したいときとかそんな感じになろうか。

 そんなことを敢えてしなくてもデスクトップパソコンもあるし、食卓で更新したければ上のように外部キーボードを使えばなんとかなるので、まぁ、要するに今のところノートPCは要らないんじゃないかってことなって、めでたく10万円越えの物欲は発揮せずに済むのである。

 まぁ、とりあえず、ノートPC、躍起になって欲しいと思わないし、そもそも、バリバリのビジネスマンじゃなければ、ノートPCって要るの?って感じぬでもない。

銚子 プれンティ&ぷれん亭 のデカ盛りパフェを食べてきたよ

 今朝、地震があったんだよね。関東地方。

 まだ、朝早く、4時台。住んでいる神奈川でも結構揺れたので起きてしまったのだが。

 その後ニュースで見てみると、千葉県旭市で特に強く揺れたようだ。

 旭市は何度も訪れたことがあるところだし、心配だ。旭市の飯岡漁港のあたりは東関東大震災津波の被害が甚大であったところであり、その後訪れてそのことを知り衝撃を受けたこともある。 

small-editor.hatenadiary.jp

  今日の地震東日本大震災の余震らしいとのことで、2011年から9年も経っての余震とは他人事にも思えなかった。今回の地震での被害も少ないことを願うばかりである。

 また、つい先日、旭市の隣の銚子を旅したばかりである。だから、なおさら他人事に思えなかったのだが。

 

 さて、その銚子を旅した時、銚子の郊外にある、デカ盛りで有名な「プれンティ&ぷれん亭」というお店に行ってきた。過去に行って、デカ盛りのチョコバナナパフェを食べたりしたのだが。

 

 今回は・・・

f:id:small_editor:20200625225228j:image

 ブルーベリーパフェを食べましたよ。妻と二人で。なんとか完食(^-^)

 前回は完食ができなかったので申し訳なかったのですが、今回はこれが夕食ということで、食べきりました(^-^)

 すごい迫力ですよ。結構美味しいし。これで800円台というのは素晴らしいコストパフォーマンス。

 「プれンティ&ぷれん亭」という店の名前、英語のplenty・・たっぷりのという意味にかけているのはよく分かります。人気店のようで、お客さんが引きも切らず。

 中年の今、妻とよく話すんですよ・・・一生に何度も来れないから。

 実際これレベルのでかパフェ、これ以降何度食べられるだろうか。

 妻と出会った15年前なら、また来ようねって話していたと思うんです。あと何回食べられるだろうと意識しながら生きている今、長く一緒に暮らしてきたんだなと思いつつ、今回はきちんと完食良かったなと思った次第であります。