今日の一語り

しがない勤め人、大津 和行(かず)、のキーボードから紡ぎ出される日々語り

家での散髪、1ヵ月半以上ぶり

 さて、コロナ以前は平日床屋主義を貫きたいと、仕事帰りの平日に床屋に行っていたが、コロナ禍以降行くのがためらわれたので、業務用バリカンを手に入れて、妻に刈ってもらっている。

 平日床屋主義が一気に過去のものになってしまった・・・長年続けた主義。それくらいインパクトがあるのだ、コロナ禍は。

small-editor.hatenadiary.jp

  前回は8月3日だから52日経っているようだ。となると、1ヵ月半以上ぶりだね。

f:id:small_editor:20200924195923j:image

 さっぱりしました。妻も上達したみたいです。

 

側面は3mmのアタッチメント・・・これはプロにお願いするときも同様。 上は、短いかなと思いつつも9mmアタッチメント。 中間を6mmで調整

家での散髪、暑くなったゆえ - 今日の一語り

  前回の語りで語っているが、今回も同じアタッチメントで。

 というか、この語りを読んでからやればよかった・・・思い出すのにこれでよかったっけ?ってなってしまったからして。

 でも、結果的に同じようにアタッチメントを使ってきれいに刈ってもらえたのでよし(^-^)

全皮靴の修理にまで手を出さざるを得なくて・・・

 さて、先日、かように語っている。

 

small-editor.hatenadiary.jp

 うだつの上がらぬ人生への嘆きと共に、嫌いな革靴をはき始めたことを語った。

 さて、その後と言えば、この半革靴を色違いで2種類用意して、交互に履いて常用している。傷が付いたら修理したのを語ったのが上記の語りだ。

 

 ただ、この半革靴、皮以外の部分がメッシュになっていて、涼しく軽く履けるのはいいのだが、どうしても水に弱い。

 台風が来るとか、気候不安定の時にはこれでは保たないことがわかっている。

 となると、やはり足が痛くならないアシックスウォーキングのものでセミオーダー中敷きを作ってもらえて、防水加工されているもの、そう、できればゴアテックスで加工されているものが欲しかったのだ。

 まぁ、ゴアテックス加工のものは高いがよい。それは知っていた。今やぼろくなってしまったがそういうものを履いていてよかったから。そして高価だったから。

 

 アシックスウォーキングで定価で買うほどの余裕はないので、セール品をと尋ねて買ったのがこちら。

 

f:id:small_editor:20200923224123j:plain

 困ったことに全皮靴なのである。まぁ、でもかなり安くなっていたので買ったのだが、今まであまり履いてこずに済んだ。そう、晴れの日が多かったから。

 しかして、台風とか秋雨前線とかで雨がちになっている最近、履かざるを得なくなってきた。全革靴って慣れるまで足が痛くなったりするんだよね。しかもですね、今日、傷つけてしまったんだよね。細かいものだが・・・やはり修理が必要だと思われるもの。だから、革靴はいやなんだ。

 

f:id:small_editor:20200923224118j:plain

 黒と青の靴用絵の具は前回の修理で買っていた。半革靴の二足はその色たちだったから。今回は、薄茶色のものを買ってきた。まぁ、今回の傷は細かいからヤスリまでは筆よ亡く、塗るくらいで大丈夫だろうと思ったからして。

 しかして、塗ってみるととても違和感がある色。赤っぽいんだよね。

 あわてて妻に相談。あわてると分からなくなるが、妻は落ち着いて、黒混ぜてみたらと。そうかと黒を混ぜるといい感じの色になったかな。

f:id:small_editor:20200923224113j:plain

 フラッシュ焚いた写真だと見えちゃうが、まぁ、目立たないくらいに隠せたし、色も違和感は少なくなった。よかったよかった。

 革靴なんて嫌いだと人生のコンプレックスと共に思いながらも、革靴に振り回されているよなぁ。

搗いた餅できな粉餅を作る方法の試行錯誤

 先日、炊飯器で炊いたもち米を搗いて、つきたて餅を作った。

small-editor.hatenadiary.jp

 搗いた直後はもちろん砂糖を混ぜたきな粉できな粉餅を作れるのだが、その後、餅は冷凍しているので、どうしようかと。

 一回はちょっと電子レンジで解凍したものをオーブンレンジで焼いて、お湯をくぐらせて作ったが、これはこれで手間がかかる。電子レンジ、オーブンレンジ、お湯と3つの過程があるからして。

 昨日は、搗いた冷凍餅をきな粉餅にするのにもうちょっと簡便な方法を試してみた。

 冷凍餅はそのままではラップが剥がしにくいから軽く電子レンジで加温。そうすると外れるから(これは熱しすぎると、ベタベタしてしまってまた外しにくくなるから注意だろう)。そして、その餅をお湯に投入し少し加熱。これもやり過ぎると溶けてしまう。そう、これは普通の切り餅でもよくやってしまって後悔したことがあるから知っている。それを防ぐために焼いたりするのだが、ここは目を離さずにちょっとだけお湯で加熱すれば溶けない。そして、きな粉をまぶす。 

f:id:small_editor:20200923123425j:image

  できあがりました。結構うまかったです。

 そろそろ秋ですから、もち米買ってこようかなと思っている次第。

業務スーパーの「業務用ぴり辛玉こんにゃく」がうまいぞ

 (株)神戸物産が手がけ、今や全国的に見かけるようになった業務スーパー。今現在20周年決算セールを行っている。

 昔はちょこんちょこんとあって、珍しいなぁと遠出してでも勇んで買っていたりしたものだが、最近では全国津々浦々見かけるようになったが、20周年だったのね。

 長いセールで9月1日から10月31日までの2ヶ月間のロングセール。

 まぁ、連休でのお出かけもどこも混むので、何かいいものないかと物色しに行った次第。

  SNSで、次のぴり辛玉こんにゃくと冷凍里芋を合わせるとうまいよといっている人がいるのを見ていた。

www.gyomusuper.jp

 店を見ていたら在庫があったので、買ってみた。

 里芋も冷凍のものを買おうとしたが、確かに手軽なのだが、中国産とのことだったので、それはせずに、里芋も青果として売っていたので、妻が剥いてくれて煮込んでくれていた。

 保温調理器があるので、一回沸騰させて、保温調理器に入れておいてくれたが、いい感じになって煮えてくれて楽だったそうだ。 

 それでですね・・・

f:id:small_editor:20200922203613j:image

 うまいんですよ。ぴり辛な感じもとてもよい。安いしね。糖質制限もできるので。

 こりゃうまい。里芋ともよく合う。

 リピートすると思うぞ。うん。

国勢調査、ネット提出の次第

 さて、今年は5年に一度の国勢調査の年である。

 まぁ、ニュースを見ていて気づいたことである。

 国勢調査は調査員が直接訪問して調査用紙を配り回収までしているのが基本だったが人と人との対面には気遣わねばならぬコロナ事態においてはどうするのかと。

 まぁ、国勢調査はネットでも回答できますよということである。

 ということで、なんとなく気にしていたら、国政調査のお願いが届いていた。

f:id:small_editor:20200922082433j:plain

 

 さて、コロナ禍でもあるしネットで答えようと早速やってみた。

 結構楽にできたものだった。

 そう言えば・・・前はどうしていたんだろうか。

 この一語りを検索してみたら、あった。5年前の国勢調査の感想が。

small-editor.hatenadiary.jp

  この時も、簡単でよかったと語っているが・・・そうか、今回が初めてではなかったんだ。

 その前はどうしているのだろう。その点はこのウェブ日記にも残っていないのだが、記憶に残っている限りは、学生時代の国勢調査の回答である。生まれて初めて国勢調査を提出した記憶。

 国勢調査は世帯で答えればいいところであるから、自分が世帯主にならぬ限り答える必要もないのだ。だから、学生時代どころか今現在に至るまで経験がないという人だって多いだろう。

 私は、学生時代からひとり暮らしをしていて、学生時代に国勢調査を提出したが、結構大変だった思い出は覚えている。調査員さんが訪ねてきて、また、いつ受取に着たらいいですか?というやりとり。二回調査員さんの訪問を受けねばなならなかったのだ。

 20年以上前の話である。

 

 学校のお勉強の社会科で、日本国憲法で定められた国民の三大義務は、納税、勤労、(子に)教育を受けさせる義務だろう。これは試験に出るかも知れぬから学生諸氏は覚えておいた方がよいのだが、国勢調査も個別法、統計法で義務として定められているものである。まぁ、さっと答えられたし提出できてよかった。

 なんか、義務って多くね?とか思いつつ(^-^) 

燃料用アルコール徒然

 さて、コロナ禍が本格的になると、コロナウイルスにアルコールが効くということで消毒用アルコール製品が軒並み姿を消した。最近は少し復活してきているようだが。

  

small-editor.hatenadiary.jp

  以前、こちらの語りでも語ったが、消毒用アルコールのみならず燃料用アルコールも店頭から消えていて困った思い出がある。最近はまっているサイフォン式コーヒーを作るために必要なのだ。
 最近は、消毒用アルコールの復活に歩調を合わせるがごとく燃料用アルコールも入手できるようになってきているので助かっているが。

 さて、燃料用アルコールは消毒用アルコールとは、アルコールとは言え、まったく成分が違うのだ。
 燃料用アルコールの主成分はメチルアルコールメタノール)の割合がかなり多い。対して消毒用アルコールはエチルアルコールエタノール)が主成分である。
 エチルアルコールは飲酒するお酒もエチルアルコールが主成分になっているが、メチルアルコールは毒性が強く決して飲用してはいけないものだ。
 メチルアルコールメタノール)の毒性については労働衛生上の情報として次のように厚生労働省は表明している。

anzeninfo.mhlw.go.jp コロナ禍で消毒用アルコールが店頭からなくなった際に、燃料用アルコールも店頭から消えたが、誤解して買って行っている人もいたのではなかろうかと心配になる。

 戦後、お酒・・・すなわちエチルアルコールが少なくなったときに、エチルアルコールより安価なメチルアルコールを飲用する人が増えて、失明する人が増えたという話を聞く。 メチルだから「目が散る」と表現されていたらしい。それは私は父親からも聞いた。

 高校化学あたりで、メチルアルコールエチルアルコールも基本中の基本として真っ先に習うところであるが、ちょっとした化学式の違いで大いに違うものだなぁと思ったりしている。
 「目が散る」という毒性への意識から、メチルアルコールは怖いものだなぁと思っているからして、吸入したり、経皮での毒性吸入もあるようだから、こわいなぁという意識が強い。

f:id:small_editor:20200921173426j:plain

 私が買っているのは、ケンエーの燃料用アルコールであるが、これは比較的高価だ。探すともっと安い燃料用アルコールがある。
 違いを調べてみると・・・
 比較的高価なものは、成分を見ると、おおむね、メチルアルコール7割、エチルアルコール3割といったところ。
 それらより安いものは、メチルアルコール95%、エチルアルコール5%といったところ。
次の動画などでは、燃焼効率の比較をしていて興味深いが・・・


「アルコール燃料ガチンコ勝負!!」ドラッグストアで手に入るアルコール燃料は各メーカでどれぐらい違いがあるのか


高いものも安いものもさほど燃焼効率は変わりがないようだ。

どうして、燃料用アルコールはメチルアルコールなのだろう?と疑問に感じたところで、きっと、そちらの方が安く作れるからだろう。だからこそ、戦後まもなくものがなかった時代に同じアルコールだからと飲んでしまって失明する人が増えたという話になるんだろうと推測していたが・・・
 次の論文を読んで得心がいった。

新エネルギーの展望 | 刊行物 | (一財)エネルギー総合工学研究所
燃料用メタノール(改訂版)(9.99MB)


 メチルアルコールは石油等の化石燃料を原料に化学反応で大量生産できるものの、エチルアルコールは、サトウキビとかトウモロコシの発酵により作るらしい。要するに物理化学的反応で大量生産できるのがメチル。生物学的反応により手間がかかるのがエチルということになろう。こうなると、エチルアルコールが高いのは分かる。
 この論文を読むに、エチルアルコールの方が燃焼効率もよいらしく、安価に大量生産さえできればエチルアルコールの方が燃料用にもいいらしいのだが・・・。

 まぁ、サイフォンなどの燃料用アルコールには、現状、メチルアルコール主成分のものを使わざるを得なさそうだ。
 ただ、少々高くても、エチルアルコール3割、メチルアルコー7割のものを使っていこう。
 そして、なるべく注意して扱うことにしようと思っている。飲むのはもってのほかで、経皮でも吸っても毒性は影響を受けるようだから。

割りものならキンミヤ焼酎が落ち着く

f:id:small_editor:20200919220559j:image

 人間ドックのための断酒のため、まぁ、お酒はなくてもよかったのだが、人間ドックも終わったので、少々は飲んでいる。

 既製品のビールなりチューハイなりだと、既定のアルコール度数は飲まねばならなくなるが、自分で作るホッピーとかチューハイなら、アルコールを少なくするコトだってできる。

 と言うことで、以前はホッピーに定番の下町焼酎、キンミヤ焼酎を常備していたが、最近切らしてしまったので、昨日、それをわざわざ購入しに行った。

 大きいロットならあったりしたのだが、そもそもそんなに飲まないうちなら、大きなロットはいらない。と言うことで、少なめの便を探してうろうろ。そして、買って来て、55ホッピーで一杯。

 やっぱり、割りものはキンミヤ焼酎が落ち着くなぁと思う次第。

リールも機械だから手入れは必要だなぁ

 釣りにリールはかなり重要だったりする。このスピニングリールは、ハンドルを回すことを上下運動に変えてそれをまた回転運動に変える仕組みのようで、一番安価で使う人が多いリールだ。糸を巻き取る比較的単純な機械。

 しかして、歴戦の勇者とも言えよう、何年も使っているリールがどうも動きが悪い。大きいのがかかってもなかなか巻き取れずに、ばらして逃がしてしまったこともあり、そろそろ買い換えかとか買い換え検討をしていたが・・・

 リール用グリスを駆動部に吹きかけてみたら、動きが戻った。

f:id:small_editor:20200919070309j:plain

 よかった。

 2,000円しないものだから買い換えても全然よかったし,多分そうする人も多かろう。でも、直ったのはいい。

 比較的単純とはいえども機械は機械。グリスアップを中心とした基礎的な手入れは重要なのだなと思った次第。

お気に入りのシャープペンシルを自力補修

 シャープペンシルのキャップの上の部分のプラスティックが取れてしまって破断した。以前もそうなったことがあったが、瞬間接着剤で直した思い出がある。ただ、今度は、赤の部分の下の黒い部分が複数に分裂したのでたちがわるい。

 本体の機能に問題はないのに芯を出すのに押すのに支障が出るというたちのわるさ。

 黒い部分をなるべく拾い集めるも、全部は集まらず、銀色の部分が残る。

 強力な接着力を誇るエポキシ樹脂の2剤混合型の接着剤で補修。

f:id:small_editor:20200917183757j:plain

 プラスティックがなくなってしまった部分はエポキシ樹脂を盛ってみた。エポキシ樹脂は接着のみならず成形にも使えるのがよい。

f:id:small_editor:20200917185234j:plain

 布ヤスリで成形を修正して、とりあえず実用には耐えうるようになった。

 2液混合してから10分くらいで硬化が始まり、24時間くらい放置しておいて完全硬化する。百均で買ったエポキシ樹脂はね。だから、昨日補修して盛っておいたものを、ヤスリで成形する感じ。1日置くと、プラスティックばりに硬くなっているからヤスリが効く。

 ずいぶん前に買ったものだし、高かった・・と言っても、調べてみたら今では600円くらいで買えるようだから(ゼブラ シャープペン デルガード タイプLx 0.5 レッド というものらしい)、まぁ、そこまで惜しむことはないのかもしれぬが、使えるものは使いたいしね。

 釣り竿のガイド補修のために買っていたエポキシ樹脂の接着剤があったりしたので、自力補修できた次第。

 なんか気持ちがよい(^-^)

 

セブン・イレブンの「にんにく好きの為の!にんにく炒飯&ガリチキ」が結構うまかった、ご飯でご飯を食べる感じ!?

netatopi.jp

 こちらの記事を読み、それこそ先週くらいから頻繁にセブンイレブンに寄り見ていたが、今日ようやく見つけたので買ってみた。

f:id:small_editor:20200916222043j:plain

 ニンニクは大好きだからね。

f:id:small_editor:20200916222056j:plain

 確かにうまい。

 妻が夕食を作っていてくれたが、まぁ、補食。妻と一緒に食べる。

 ご飯があったのだが、ニンニク味も強いのでこれをおかずにご飯食べられる感じであった。ご飯でご飯を食べる、そんな感じかな(^-^)

 

元祖ニュータンタンメン本舗カップラーメンが帰ってきたらしい・・そしたら美味しくなっていたなぁ

 さて、以前、元祖ニュータンタンメン本舗カップラーメンを食べたことを語った。

small-editor.hatenadiary.jp

  なんか・・・また、店頭に並び始めたのだということを聞いて、今日の気晴しフードとして、確かにコンビニ並んでいたので買ってみた。

f:id:small_editor:20200915231859j:plain

f:id:small_editor:20200915231932j:plain

 パッケージにも「帰ってきた!!」と標榜している。食べてみたら、記憶よりなんか美味しくなっている気がする。かなり店のに近いかなと。

 先の語りでは、店のに近いけどまだまだかなという感じに語っていたが・・今回は結構店のに近くなっていた。

 調べてみたら・・・

www.tokyo-np.co.jp

  なるほど、帰ってきたっていうのはそういうことか。改良されていたのね。

 うんうん、確かに美味しいスープになっていたよ・・・と感じた。

ニューサマーオレンジのジャム

 昨日行った静岡系のスーパーでニューサマーオレンジのジャムが手に入った。

www.izu-fmt.co.jp

 かつて伊豆を旅した時にニューサマーオレンジには出会ったのだが、かなりうまかった。だから、ジャムもうまかろうと。

f:id:small_editor:20200914073655j:plain

 実際かなりうまかった(^-^)せっかくだからとトーストを焼いてみたんだけど、少し焦げてしまった。焦げを削ぎ落として食べたりして(^-^)

 

釣り場の混雑が予想されて行けなかった次第と釣り人に分かるサバの貴重さ

 いやー、釣れなかったねぇ。というのも釣れる場所に行っていないから。

 行けばいいじゃない?だって、密なんだもの。

 強調癖のある私がいくら言っても説得力がなければ、SNS上に流れているつぶやきを引用しよう。

  釣り公園での出来事である。投稿日時から見ても、昨夜くらいだろうか。釣れる場所である釣り公園で、場所を取っていたにもかかわらず合同ファミリーという衆を頼んでの押し寄せに難渋している様子がよく分かる。礼を尽くしても無礼な釣り人にもストレスを感じているのも分かる。

 このつぶやきに似たいらだちは私たち夫婦(子無し)も重ね重ね感じてるので、今日日曜日、昨日のように雨でもないので、釣りに行きたいなぁという午後、上記状況に似たストレスを抱えることが目に見えていて寄りつけなかった。

 それで、釣れるかどうかもしれず、でも空いていそうな河川でのハゼ釣りをしてみたが、まったく釣れず(なんか、魚信(あたり)はあった気がするが)。ま、コロナ禍でなければ、密であろうが、ファミリーがいようが、入っていった気もするが、肩肘張るのも老いてきた今疲れてしまってね。サザエさんブルーも入る日曜午後に参戦は気が向かなかったから、仕方なし。

 なんかボラがたくさん泳いでいるのがよく見えて、こりゃ水族館みたいだねぇと妻と都市型河川を眺めている夕べ。

  ま、釣れなかったから・・・気晴しにスーパーで買い物。

 静岡系のスーパーだったから、伊東港直送の生サバがえらく安く売っていた。大きいのに、安くてねぇ。割引されていて一匹100円以下よ。

 こんなの釣れたら、絶対塩焼きだよと思うくらいのもの。

 釣りをしたことがない人には分からない貴重さだろう。だって、サバは足が早い、すぐ腐っちゃから、直送系でないと生では売れない。それが売っていて、まぁ、加熱用として煮付けにと書いてあったけどね。

 年に数回、そんな素晴らしいサバを陸っぱりでも釣ることができて釣るのだが・・・そんなときは捌いてさっさと塩焼きで美味しく頂くゆえ、捌くのはお手の物。

 釣れなければ買えばいいさ。なんか、ファミリーや感じ悪い釣り人と肩肘張って疲れるよりもさっさと煮込んで、うまい酒でも飲もうじゃないかと妻とは意気投合。

 出刃包丁で捌きましたよ。私が。

 煮込みの味付けは妻がうまい。

 この共同作業は長い夫婦関係ゆえか、釣り人の私とそれに付き合い続けている妻ゆえか。

f:id:small_editor:20200913200441j:plain

 捌いた私は一足お先に風呂に。

 妻はこれを煮込んでくれて、サバ煮付けできあがっていました。

 これからこれを魚に一杯やるよ。

 そんな週末も悪くないじゃないか。

手作りつきたて餅ときな粉餅

 コロナ禍で今年はないんだろうな・・・

 房総半島では、秋口になると、収穫祭のような感じで、色々な直売所で特売祭りが行われる。

 そういうところで、お米のすくい取りとかのイベントがされていて結構お得にお米も買えるし、そういう時にこそ、もち米のすくい取りとかができたりする。普通のお米はかなり人気で並んだりするが、もち米は意外に用途が分からないのか・・・空いていたりするからうれしい。

 千葉県は早生のイネを生育しているのか、9月を迎えるとそういう祭りがあったものだが、コロナ禍で祭り系統はないだろうなというところ。

 私は炊飯器で炊いて餅つきをすることを知っている。


炊飯器で炊いたもち米で餅つき

 私のほとんど登録者のないチャンネルにしては、視聴数が3000を超えたりしていてヒットした方の動画ですが、こんな感じで、かなり以前にそういう祭りで仕入れたもち米、最後のもち米をつきたて餅にしてみた。

f:id:small_editor:20200913135201j:image

  なんか、きな粉の在庫が大量にあったので、きな粉餅にしてみた次第。

 きな粉って大豆のいい成分が多くありそうでいいのですが、きな粉餅以外に使途が見当たらず。残っちゃうのですよね。

 前述の祭りとかではつきたて餅のきな粉餅が食べられてよかったのですが、コロナ禍の今、そういうのも難しいでしょうね。

 せめてもわが家で作って食べてみました。うまいっすね。昨日搗いたばかりでしたしね。

お腹が減った?では握りましょう(^-^)

 私の大好きな小説の小編で、志賀直哉小僧の神様」というのがある。

 屋台の鮨屋で、どうしても握り鮨が食べたい小僧さんがある紳士に握り鮨をおごってもらって、小僧さんにはその紳士が神様に見えた・・・私なりに要約すればそういう話。

 現代では小僧と言っても現実感はないかもしれないが・・・握り鮨は高価なものという感覚は今も昔も同じなんだなぁということは分かる。

 さて、お腹が減ったなぁという今日の昼。妻に聞いたら、やはりお腹が減ったと。

 ならば・・・

f:id:small_editor:20200912144420j:image

 冷凍のご飯を解凍して、適当に酢と砂糖・塩を加え酢飯を作り、昨日小アジを五匹ほど釣って捌いておいたので、それを載せて握ったのが右。コノシロの酢漬けはかなり以前に作っておいたのがあったので、それを握ったのが左。

 高価と言われるにぎり鮨を、お腹が減った?ならば握りましょうと即時に作れるのが釣り人の強みだし、プライスレスな贅沢なのかな。

 ちなみに真ん中は、妻が作った鶏ハムの服残物である鶏スープを素にしたスープにこんにゃく麺を入れたラーメン風。

 うまかったよ(^-^)コノシロもきちんと処理して酢漬けにすればコハダのように食べられるよ。妻はくさみがあるとあまり好まないが、今回は少し食べたしね(^-^)