今日の一語り

しがない勤め人、大津 和行(かず)、のキーボードから紡ぎ出される日々語り

本当にありがとう

 さて、日曜日である。日曜日は代表的休日だろう。土曜日は出勤でも日曜日は休めるとか。

 ただ、だからして週の変わり目として憂鬱な日でもある。明日が憂鬱マックスな月曜日となれば、まぁ・・いやだよね。

 そんな日曜日は休みのことがほとんどなのだが、そうなると、どっかで釣れないかと探し回っているところだが・・・

 今日は午後に外せない用事があり・・むぅ。帰ってきたら、既に夕まずめの時間。

 遅ればせながら、釣り場に行くも、週末だもの、混んでるよね。入れそうなところに入ろうとしたら、若いファミリーが隣で釣りをしていたのだが、後ろで腰掛けていたそのファミリーの妻が出張ってきて幅寄せして釣りを始める。さっきまでしていなかったじゃないか。

 はいはい、出ましたよ、ファミリーの横暴。衆を頼んで大きく場所取りということだよね。入るなってことね、とそこを離れる。

 暗くなり始めた夕刻、釣れないと大変なことになるんですよ。こちらも心理的にギリギリのところで釣りに来ているんだから。

small-editor.hatenadiary.jp

 まぁ、そういう思いを抱えながらも待っていると、帰りそうなカップルが。声をかけて入れてもらう。私はあまりそういうことはしたくないんだけどね。昨今のコロナ禍での釣りブームのせいか夜暗くなっても場所が空かなかったりする。ヘッドライトも持ってきていないのにあぶないんじゃないかと思わぬでもないが、やはり夕まずめの余韻で帰れないのだろうかね。空いていないんだもの、がんばって声をかけて入れてもらうことだってせざるを得ない。

 先ほどのファミリーとは違い、その若いカップルには快く入れさせてもらった。そのカップルから聞くと、どうやら、暗くなる前に結構アジを釣ったとのこと。うらやましいよね。夕まずめに釣れるのは分かっていたけれども空いていないし、そもそも午後の外せぬ用事があったしね。

 そうなると満潮間近いから、もう釣れないかなと思ったから、虫えさを投げ込んでみたりした。アジはサビキで釣るけど、それは期待薄だったから。f:id:small_editor:20210926184950p:image

 そしたら、来たよ。15センチくらいだったから放したけど、カサゴが。あ、これで帰れると思ったよ。ありがとう、釣れてくれて。
f:id:small_editor:20210926184945p:image

 さらに、ダメ元で待っていたサビキ竿にアジがかかってきた。うれしい(^-^) 本当にうれしい。釣れてくれてありがとう。
f:id:small_editor:20210926184956j:image

 アジとカサゴ、釣れてくれただけでありがとう。そして、帰り際快く入れてくれて情報もくれた若いカップルにもありがとう。

 日曜日の夕方から夜の釣りは本当に危険だ。釣れなければ精神崩壊の危機さえある。

 そんな中、結局、アジは3匹釣れたし、まずはカサゴも釣れたし、なにより、入れてくれたカップル、すべてにありがとうと言いたい。

 昨日に引き続き、ありがとう・・・本当にそういう思いだ。

 

有難う

 なんか人生もいやになってきている。ここを読んでいる方はとうに分かっているかも知れないが。

 50歳も近くなった今、その思いはとみに強い。先がないからだ。まぁ、また良いこともあるでしょうといポテンシャルを期待させる若さもないからだ。

 まぁ、時代のせいもあろう。ロストジェネレーションと称される、私は1972年生まれだが、バブルは弾け終わって、平成不況が遷延し、ポストは減って行き、出世どころか悪くすると派遣切り。正社員で残れたとしても出世はできず、もっと恵まれない若者世代からの突き上げをくらいみたいなね。

 いかんせん愚痴っぽくなってしまうのはそういうわけだ。自分の人生のリベンジを託せる子どももいない次第で。

 最近は、趣味の釣り場でも若者たちに無礼をされて傷つくみたいなことだってあって、もう中高年の私なんて・・みたいな思いをすることがあったりして。お金を払ってサービスを受ける立場であったときでさえ、若い人たちからなんか無礼だなぁと思われることをされることもあり、もう、なんだかイヤだなぁと思うときもあったりして。

 

 さて、今日はある大手ディスカウントスーパーに行ったのだ。

 安かったから結構多めに買い物をして、自前のエコバックへの詰めを私はしていたんだよね。妻は会計を終わらせてからあとから追っついてきた。

 私もがんばって、生ものをビニール袋に入れようとビニール袋をとったりしていたら、私たちが買ったビール瓶が落下した。割れはしなかったけれども、王冠がずれたのかビールが吹き出したりして。

 どうやら、ビニールをとる作業をしていた僕の肘が瓶に当たってしまったらしい。妻の叱咤で気づいたのだが。

 あわてて、瓶の口を妻のハンカチでふさいだりなんだりしていた。

 私は何が起こったのか気づくまで頭が白くなってしまって、うろたえていた。

 

 まぁ、ハンカチで押さえてなんとかビールの噴出が止まったので、まぁ、こぼれてしまったビールは拭きようもないので放っておくしかないかなと思いつつ。呆然としていたところで・・・

 

 店員さんがかけつけてくれて、その店員さんは私たち夫婦よりよほど若かったのだが、新しいのお持ちしますねと新しいビールを持ってきてくれた上、私たちに怪我はなかったかなどの気遣いを見せてくれて、こぼれたビールの後始末までしてくれて、濡れた部分があったら拭いて下さいとビール瓶を倒した張本人の私にさえ、紙ナプキンをくれたりした。

 

 もう、感謝に堪えなかった。若い方でもこんな有難い方がいるんだと。

 私の過失なのだから会計後のビールの損害は甘んじて受けるべきだと考えていたところで、かような信じられないほど温かい気遣いを若い方からいただけるとは。

 

 最敬礼に近く、お礼を申し上げて、帰ってこさせていただいたが・・・

 愚痴ばかり言うのではなく、がんばって生きてみようか、人生を思い直せた思いであった。

 その意味含めてありがとうございました。

 

 ありがたい・・・漢字で書けば、「有難い」・・・本当に有難い若い店員さんでした。若い方にも本当に思いやり深い方がいるのだと、世の中、人生、捨てたものじゃない・・・と思った次第。

自分で作った方が旨いかな

 休みの日になるとどうしても外食と思ってしまう。

 ただね・・・最近、遠くに旅に出ることもなくなり、近くで外食・・・もやはり閉鎖空間的な食事屋さんではしにくく、テイクアウトのものとかを中心に食べていたんだけど・・・自分で作った方が旨いんじゃないかと思い始めた。

f:id:small_editor:20210925150840p:image

 先日来語っているフィッシュアンドチップスのレシピの援用で、大量に釣って冷凍してあるサバをフィッシュにした揚げ物を上に載せて、ネギは生のものを通うに細長く切ってごま油と塩コショウで和えただけのもの、そして安いうどんを煮込んだ。煮込んだ汁は鯛のあら汁として出汁を取ったものなのでうまい。

 ネギのごま油塩コショウ和えはあるラーメン屋でねぎラーメンを頼んだときに老主人が作っていたのを見知ったもの。あ、そこまで複雑な動作をしていないなと思い、真似てみた。そんな感じ。

ジャリメを頂いてハゼ釣り・・・幼き頃のハゼ釣りを思い出しつつ

 釣り場での古き良き伝統として余ったエサを残る釣り人に渡していくという慣習がある。

 冷凍アミエビは解凍して使うが余ってしまったりする。余ったら海に撒いてもいいのだろうが、使いますか?と分け与えてくれる方には助かったことも多い。私自身は冷凍アミエビは切り分けて一回分に分けているので余ることはあまりないが、余った者をもらえて長めに釣りができて爆釣したこともあるし、そういう時はもらってありがたかったということになる。

 また、アオイソメ等の虫えさも、余りがちだ。これは冷蔵保存していれば数週間使えるが、まぁ、持って帰って冷蔵庫にそれが入っているのをよしとする奥様も少ないだろう。持って帰れないお父さんも多いのだろう。うちは持って帰って野菜庫に入れておくけどね。理解ある妻には感謝であるが・・・。

 子連れのお父さんが、要りますか?と虫えさを渡してきた。私も虫えさであるアオイソメを使って釣りをしていたので、ありがたく頂くことにした。

 でも、アオイソメとはちょっと違う。なんですか?と問うと、ジャリメとのこと。

 

 ありがたくいただきました。

 

 さて、ジャリメってなんだろう?それで昨日とか今日とかハゼ釣りをしていたんだけど、アオイソメよりはかなり細めの虫えさであった。ジャリメ。

fishingjapan.jp

 調べてみるとかような記事が出てきた。別名 石ゴカイ と呼ばれているらしい。

 なるほどねぇ・・・そう言えば、私が始めて海釣りしたのは小学生の頃だったろうか。友だちと一緒に、うちの親とそちらの親と一緒に、神奈川県は横浜市金沢区金沢八景に釣りに行った事を思いだした。その時はゴカイを使った。今じゃアオイソメが虫餌の代表格だけど、誤解が主流だった40年近く前。石ゴカイをもらって思い出したこと。

 

 私にとって初めての海釣りだったんじゃないかな。

 

 振り出しの延べ竿で、簡単に大量に釣れた。今や神奈川住まいだから、金沢八景に行ったりもするが、そんなに釣れないなぁ。なんか開発が進んだのかな。延べ竿の釣りは面白そうだけど探れる範囲が狭いので、今はリール専門になっている。

 

 当時は、東京湾って汚染の進んだ海って意識が強かったので、え?ここの魚食べるの?って思っていたことを思い出すし、そこで釣ったハゼが天ぷらとして出てきて結構うまかったから、意外に思ったものだ。

 それから、遠くの地方に住んだりしながらも関東に戻ってきて、50歳近くなって、東京湾の魚を釣りまくって捌いてさ・・・食べているなんてね。今でも東京湾はきれいとは思えないけど、それでも多くの魚種が釣れるし、思えば、東京湾で釣って食べているのがアジ、サバ、カタクチイワシ、ウルメイワシ、マイワシ、タチウオ、カサゴ、サッパ、コノシロ、コハダ、ハゼ、スズキの幼魚、メバルメジナ、キビレ、キスとかとか、数え切れないくらい釣ったし食べた。

 今は釣り場が混みすぎて、比較的空いていた汽水域のハゼ釣り場とかも混み始めていて、ハゼ釣りとをしながらなんとか釣り欲を満たしているが・・・。

 

 幼き頃やっていたハゼ釣り、それが釣りの原点になり、いまでも続けているのだなぁと思ったりしてね。

f:id:small_editor:20210924205712j:image

今日の釣れてくれてありがとう。ものすごく小さいハゼ。離しました🤗

鼻のおでき

 目立たないのだけれども、鼻の左側が痛い。

 面疔とまではいかないのだろうし、腫れも見えるほどじゃないのだが軽いと言えば軽いのだろうが、黄色ぶどう球菌というありふれた常在菌が感染して炎症が起こっているということだろうから、弱っているんだろうなぁと推測。

 疲れているんだろうなぁと思える瞬間である。

 面疔的なもの、口内炎とか。

 ゆっくり休もう。うん。

サッポロの微アルコール飲料 The DRAFTY がうまかった

f:id:small_editor:20210922235644j:image

 最近、微アルコール飲料が流行だ。

 アサヒのビアリーとかのヒットを見れば分かる。

 サッポロも出したんだと迷わず購入。The DRAFTY。

 この前作ったフィッシュアンドチップスのあまりとともに飲んだら、これはうまかった。

 本格的なビールみたい。

 さすが私の愛する赤星を作るサッポロだ。微アルコール飲料も手を抜いていないね。

包丁を研いでいます

 魚釣りを始めて、鋼の包丁を手に入れて捌くようになった。

 やはり鋼の包丁は切れ味が段違いにいいので、滑りやすい魚とかはそれくらいの鋭さがないとだめだねということで愛用している。また、出刃包丁とかも鋼のものを近年手に入れたので、魚捌きがグレードアップしているのだが。

 鋼の包丁はいくら切れると言っても、研がないとなまってくる。錆びるしね。錆びたら研がなきゃと。だから包丁を研いでいる。

 包丁を研ぎ始めたときの話はこちら。

 

small-editor.hatenadiary.jp

 

 5年以上前の語りですね。なるほど。

f:id:small_editor:20210921221933j:plain

 この前鯛を捌くのに出刃を使ったりしたし、この夏がんばってくれた鋼の小包丁もいたわりたく、砥石で研いでみた。

 ついでに、東京は台東区合羽橋の道具街で購入し妻用にとプレゼントした包丁も研いだ。

 鋼でなくても砥石で研ぐとえらく切れるようになる。

 今朝お弁当を作っていた妻が驚いて、研いでくれた?と聞いてきたくらい。

 体感できるくらい切れるようになるっていいよね。そうか、5年以上研ぎ歴はあるんだな。それなりにできるようにもなるかと思った次第。

 

激突した

 いやー、まいった。

 ガラスに激突してしまった。

 透明度が高いとそうなったりする・・・と言っても不注意だ。

 眼鏡が壊れ、顔も打って。うーん。

 気をつけよう。加齢に伴い、衰えが否めない。

 扉の前は一時停止だな、ほんと。

アサヒ生ビール マルエフ が売れているそうだ

 最近売られ始めたなぁと買っておいたビール。

f:id:small_editor:20210920204303j:image

 どうやら、このビールえらく売れているらしい。 

netatopi.jp

 発売から4日間で一時休売とのこと。

 まぁ、アサヒの生ジョッキ缶と同じ感じだね。アサヒだとなんか相違ことが多いね。売れるからよいのかも知れないが。

 飲んでみたら、なるほど、懐かしい感じの味。うまいと思うね。サッポロの赤星に近い感じ。

 アサヒスーパードライのヒットに伴い、なくなってしまった生ビールのようだけど、今回復刻とのこと。

 ただ、業務用としての樽生としては細々継続していたようで、そう言えば、知り合いの店で生ビールを飲んだとき、アサヒの樽生だよと言って出してくれたことを思い出し、そう言えばかなりうまかった思い出がある。

 サッポロの赤星も業務用主体に庶民的な居酒屋で出されていた味。このマルエフもそういう路線となれば私の口には合うのだろう。

 かなりうまかったので、これからも買いたいと思った次第。

釣った魚で本場的フィッシュアンドチップス自作への試み、第二弾 成功編

前回も失敗というわけではないのだが、釣った魚でもコノシロは食べられなかった。小骨が多すぎてである。失敗は魚選び。鱈も骨は除去できる白身魚。骨が難点だということはわかった。

 

small-editor.hatenadiary.jp

では、次はという策はあった。

釣り貯めていたハゼ。これは骨が硬いから完全除去して天ぷらにしようと冷凍していたもの。これはきっと良いネタになるだろう。白身魚だし。

あとはしゃぶしゃぶで食べんとして少し鱗が当たって食べきれず冷凍していたキス。これも天ぷらで美味しい白身魚だ。これも良いはずだ。

そして釣りたての鯖。

 

small-editor.hatenadiary.jp

鯖は3枚に下ろすが、通常なら取らない血合骨も取って捌いた。小骨への徹底対策。

 

そして作ったフィッシュアンドチップス第二弾。

f:id:small_editor:20210920082425j:plain

f:id:small_editor:20210920082433j:plain

大成功でした。これは本当にうまい。

よかったよかった。

====
こちらのレシピを参考にしています。

www.kurashiru.com

釣った魚で本場的フィッシュアンドチップス自作への試み、第一弾

 私は釣り人であるが、釣り人には、釣った魚を食べるか否かで分類すると2種類に大別される。

 食べる人、食べない人。

 淡水魚はなかなか寄生虫の問題とかあって食べない場合が多い。内陸の湖とかに行くと、小さいボートに乗ってルアーを投げまくっている人がいるが、バサーと言われるブラックバス狙いの人たちである。ブラックバスはえらく引くらしい。暴れるらしい。となると、釣るという行為自体が面白くなるらしい。すべて伝聞調なのは釣ったことがないから分からないからである。

 まぁ、確かに引き味ってのは釣りにおいて重要な構成要素であり、釣ってはリリースという楽しみ方もあろう。

 ブラックバスなどは食べてもあまり美味しくなく、食べるための処理も面倒だったりして、食用は一般的ではないから、食べない人だったりするわけだ。

 もう一つの類型に食べる人がある。私は明らかにこっちである。

 食べもしないのに何を面白くて竿を出さんかという思いを持ちながら釣り場に向かっている口である。

 私の釣りのほとんどが海、または汽水域に釣りに行っているのは、海の魚、汽水域の魚はほとんどが食べられるから。フグは食べないけどね。

 そう、私は食べる釣り人なのである。

 

 そんな私が夢見ていたことが、自分で釣った魚でフィッシュアンドチップスを作ると言うこと。

 まぁ、釣った魚は食べるという主義だから、持ち帰ってきて食べるわけだが・・・食べきれないものが冷凍庫を占拠していた。

 さて、フィッシュアンドチップスと言えば、UK(大英帝国、イギリス)とかアイルランドとかで有名なつまみの料理。

  私は一時期アイリッシュパブにはまっていたことがあり、フィッシュアンドチップスはお気に入りだった。

 人間ドックも終わったことだし、飲みは解禁、作ってみようじゃないかと作ってみたんですよ。

 作り方を調べたら、面白いですね。

 衣の種にビールを入れたり、重曹をふくらし粉として入れたり、フッシュのかさ増しをするようです。

 なるほどね、それで食べでを出すことで、ご飯とかの炭水化物を要しないようにしているのかとか思いつつね。f:id:small_editor:20210919232122j:image

 作ってみましたよ。見た目はうまくできていますね。ポテトなんかはとてもうまそう。魚もうまそうなんですけどね。

 あ、重要なことが一つ。右にある、瓶ですね。モルトビネガーという麦ベースの酢なんですけど、これを探し求めて右往左往しましたよ。何軒か回りましたよ。なんとか手に入れた次第。サーソンズのモルトビネガーアイリッシュパブに行くと平気でおいてありますが、自分で手に入れようとするとなかなか苦心する。

 それにしても、イギリスとかってよほど麦が好きですね。スコッチウイスキーだって麦ベースだし。というか北国ゆえそういうことになるのかもしれぬのですが。

 

 見た目は美味しそうです。確かに、美味しい。ただね、少し見えているのがコノシロの皮ですが、これがだめだった。コノシロは小骨が多いんですよ。だから酢漬けにして小骨を溶かして食べたりする。しかして、コロモ厚めだとそこまで火が通らず、身がふっくらしても、小骨が当たって食べられませんでした。ということで、大きなコノシロの身は結局食べられず。でも、ベラとかカタクチイワシの身は美味しくいただけましたからね。

 半分成功ですね。モルトビネガーは妻も気に入りました。私はアイリッシュパブとかでかけていたときは、なんか薄味の酢でなにがいいのかわからなかったのですが、中年の今、よく分かります。この酢をかけると脂っこさが消える感じで食べやすくなるのです。

 まぁ、半分成功ですね。コノシロはだめだなぁ・・・。カタクチイワシとかは青みの魚ですが、これはあり。ベラはなかなか白身っぽくてよかった。

 

 アイルランドにしろイギリスにしろ北国ですから鱈とか採れるんで本場では鱈を揚げたりしているんですが、鱈なんて東京湾じゃ釣れないわけですよ。

 今度はサバを揚げてみようかなとか思っております。

本日の釣れてくれてありがとう

f:id:small_editor:20210919184445j:image

サバですが大きい。何より連休中日でえらく混む釣り場のようやく入れた釣れそうにないポイントで釣れてくれたサバ。ありがとう。

これは持ち帰ろうと思う。

人間ドック後に買った酒、それはジムビームアップル

 人間ドックを受けてきたので、良くも悪くもある程度たがを外すわけで。

 唐揚定食を食べたのもその一つだが・・・人間ドック前には1ヵ月ほど断酒をしているので、酒も買おうかと。

 昨今はストレス多く、週末には酒って流れになってしまっていたが、依存しているわけでもないようで、やめようと思ったらすんなり1ヵ月やめられていた。

 あ、俺は依存症じゃないなと思った次第。

 まぁ、でも買ったんだけどね、新しい酒を。こちら。

f:id:small_editor:20210919162525p:image

 ジムビームは言わずとしれたバーボンだが・・・アップル味のものが以前より気になっていた。

 調べてみるとジムビームにアップル味のスピリッツを混入させているということなんだけどね。

 まぁ、甘いお酒だよね。バーボン自体はあまり好きじゃない。私自身、ジャパニーズウイスキーが専攻科目で慣れ親しんでいるため、やはりジャパニーズの原型たるスコッチ系統がすき。バーボンはアメリカのウイスキーで、トウモロコシが原材料の主体だし、麦が主体のスコッチよりは荒々しい気がしてね。

 ただ、コーラとかで割るものとしては非常にいい。よく合う。

 このジムビームアップルをトニックウォーターで割るとうまいよと聞いていたので、どうしても買ってみたかったのだ。

 安かった。1,000円ちょっとで買えるゆえ。

 ストレートで飲んでみたら甘い感じだね。でもうまいってわけでもないかな。でも、確かにトニックウォーターで割るとうまい。いいカクテルができた感じ。

 結構たくさん買ってしまったな。瓶も無尽蔵に置けないから、どうしよ(^-^)

 ともあれ、バーボンって割るとうまくなるなぁと実感。

吉野の柿の葉寿司を多分初めて食した多分初めて食した

 奈良県には吉野という地がある。私自身は吉野までは行ったことがない。

 現在、関東に生まれ、東北や北海道には住んだりして今は関東住まいの私にとって、東の方よりは西の方が詳しくなかったりするわけで。

 しかし、吉野が日本史上高名な地であることは知っている。室町時代初期、南北朝時代南朝が置かれた地。京都を追われた後醍醐天皇奈良県の奥の地、吉野に南朝を置き、朝廷が南朝北朝に別れた時代があり、日本史上重要なトピックである一報の朝廷が置かれた地。

 

 テレビを見ていたら、吉野の柿の葉寿司が出てきた。

 私はふーんと思って見ていたのだが、妻は吉野に行ったことがあり、柿の葉寿司が美味しいんだよねとのこと。お土産にも買ったくらいとのこと。

 なるほど・・・とか思っていたら、ちょっと買い物に行った先で柿の葉寿司が打っていたので、買ってみた。

f:id:small_editor:20210919105323j:image

 なるほど、大和吉野とのことですね。
f:id:small_editor:20210919112501j:image

 柿の葉に包まれていますね。
f:id:small_editor:20210919105326j:image

 開けると、まぁ、しめ鯖のような感じですかね。

 美味しかったです。

 

 もともと、和歌山県は熊野から奈良県吉野を結ぶ街道が さば街道 と称されるところで、まぁ、塩漬けでサバが運ばれるので、その間に熟成し、それを柿の葉で包んで圧をかけてしめ鯖的にしたものが発祥のようで、なんかとても共感できる話。

 というのも私は今や釣り人だから。

 サバの足の速さがよく分かるし、そうなると、冷蔵技術がなかった昔は塩漬けで運ぼうとするのはよく分かる。そしてそれが発酵するのもよく分かる。カタクチイワシでアンチョビを作ったりしている私からしたらとても共感できるからして。柿の葉がたくさんあるというのが奈良の特徴だったのだろう。吉野は敗走して南朝を建てた位の山部傘が想像される地だから柿も多かろう。

f:id:small_editor:20210919112455p:image

 人間ドック後に飲もうと飲みかけであった新潟の辛口の名酒、麒麟山と共に柿の葉寿司を美味しく頂いた次第。美味しいし、なんか歴史や風土を想像しつつ食べると面白いよね。

思い出の定食を食した

 人間ドックも終わったことだし・・・良くも悪くも食べましょう。せっかくだからと・・・

 以前、それこそ10年以上前になるがよく行っていたところへ食事をしに行った。

f:id:small_editor:20210918220314j:image

f:id:small_editor:20210918220333j:image

 よく食べていた唐揚定食。初めの味が薄いので、醤油をぶっかけて食べていたよなぁあと今回も醤油をぶっかけて食べてみたり。うまかった。揚げたての唐揚げはうまいんだ。

 お店の人も年をとったなと思ったりして。当然だけど。

 あの頃はよかったなと思わぬでもない。