今日の一語り

しがない勤め人、大津 和行(かず)、のキーボードから紡ぎ出される日々語り

ノートルダム大聖堂焼失に思う

  朝寝ぼけ眼でテレビをつけたら出てきたノートルダム大聖堂焼失のシーンは本当に衝撃的だったし悲しかった。

 僕はまだ生まれていなかったけれども、金閣寺焼失もこんな衝撃を持ったのかもしれない。

 また、9.11のアメリカはニューヨークのテロで倒壊してしまったワールドトレードセンターには倒壊ちょっと前、1998年に登っていた。

 その時も登っていただけに悲しかったことを思い出した。

 ヨーロッパは行ったことがない。フランスだって行きたいし、ノートルダム大聖堂はきっと見たいところだったろう。それがかなわないことになったのがくやしい。

 別件ではあるが、いつまで社畜的生活を続ければいいのだろう。

 日帰り、1泊レベルでは色々行っているし、この前も茨城に行ってきたけどね。

 ヨーロッパ旅行なんて仕事をやめる勢いを持たねば行けない感じも否めないから、リタイア後なんて思っていて今回のようなことは悔しさを伴う。 

大津港にてサバが釣れたよ

 さて、一泊してエサもまだあるからと再び大津港へ。

 朝早めに起きて、妻にも起きてもらって、ゴー。

f:id:small_editor:20190414102653j:image

 見事に大きめなサバ2匹が釣れました。うれしい🎶

 サバのダイナミックな引きは久しぶり。

 爆釣と言うほどではないけれども、7時から9時までで2匹。あと、サッパ1匹。サバ1匹動画撮ろうとしていたらバラしちゃった。もったいなし。

 はるばる来た釣行で釣れてよかったよ。

f:id:small_editor:20190414102937j:image

 かの岡倉天心も愛した五浦の断崖を遠景に見ながらの釣りは気分がいいよ。はるばる来た甲斐ありですよ。

 

北茨城 磯原 居酒屋平次で極上飲み

f:id:small_editor:20190413211254j:image

サッポロ赤星があるのが大人。

f:id:small_editor:20190413211303j:image

 突き出しがこの勢いの魚、素晴らしい。漁港最寄りだねぇ。

 

f:id:small_editor:20190413211321j:image

 大人の卵かけ御飯。ピリ辛でうまいぞ。

f:id:small_editor:20190413211316j:image

 常陸牛のもつ鍋。これもうまい。

f:id:small_editor:20190413211328j:image

 握り寿司が鉄板でうまいのはさすが大津港最寄り。

 大して釣れなくったっていいんだ。うん。

 

サッパ2匹の大津港釣行

 至福の昼食を漁協直営の食堂で食べた後、すぐに釣りに。

潮具合は良くないので気長に待つつもりだがそれにしても釣れぬ。

サバが上がっている噂を聞いていたのでサバでもと期待していたが来ないな。

15時から始めて、19時までで、サッパ2匹。

f:id:small_editor:20190413210021j:image

f:id:small_editor:20190413210032j:image

 大きめだったけどね。

 まぁ、ここまで遠征した結果としては寂しい限りだが、いいんだ。

今日はこちらに宿をとったのでこっちでまたうまいもの食べるから。

まだ寒い、そんなに釣れなくても仕方なし。

またまた茨城旅、また大津港に来ました、市場食堂でうまいぞ

ストレスフルな1週間を終えて、茨城県に来ました。県北の大津港へ。

 自分の名前というのも親近感わくが、いい釣り場でもあるし、昨年も来たが良かったからね。

まずは腹ごしらえ。大津漁港の漁協直営の市場食堂。

f:id:small_editor:20190413143517j:image

 地魚刺身盛。ヒラメのエンガワ、カワハギ、ホウボウなどが入りえらいうまい。

 

f:id:small_editor:20190413143521j:image

 カワハギ刺身は肝も付いて激ウマ。

 幸せだなぁ。

アニメ クズの本懐 が結構面白かったぞ 

www.kuzunohonkai.com

 知人がこのアニメを見たとのことで結構面白かったとのことなので、動画配信サービスでまとめ見した。私が見ていたら、妻も見始めて、便利なもので、毎週毎週待つ必要もなく、動画配信サービスだとまとめてみられるから良い。

 結構面白かった。現代風の少女マンガと言おうか。なんか、昔の少女マンガだったら三角関係くらいで済んでいたところで、まぁ、私なんかは三角だって荷が重いのに、このアニメは何角形なのだろう、というより二次元では済まずn次元ではないか?というくらい込み入っていてそこが現代的。

 感想は・・・最近の若い人って・・・に尽きた。

 あとね、題名がすごいね、題名だけで見る気になったもの。クズの本懐だもんね。でも、確かに・・・題名に負けないストーリーではあった。



モツ煮が美味しくできた

 先日、神奈川県は三浦や横須賀の方、要するに三浦半島に遊びに行った時、美味しそうな豚白モツ仕入れた。

 というのも、前回の茨城旅で、大子町の長いゴボウがあったり、口開けしてから時間の経ち味が落ちた日本酒(久保田の千寿だから良い酒のはずだが・・・)があり、これはモツ煮がよかろう(日本酒の大量使用ができるから)と思っていたから、ちょうどよく材料がそろったということ。

Cpicon 豚モツの煮込み by HIROマンマ

 こちらのレシピを参考に作った。

f:id:small_editor:20190411234848j:plain

 かなり美味しくできた。うん、手間はかかった。モツは二回下ゆでをし、塩で揉んだりして臭みを取ったりしたから。その分美味しくできた。

  モツの臭みには敏感な妻でも美味しいといってくれたからして合格だろう。

  まぁ、もつ肉も横須賀の直売所で買ったいいものだったし、ゴボウやにんじんは茨城県大子町で買ったもの。ネギも横須賀の直売所とか、素材も良いものがそろっていたのが良かったのだとは思うが。

新一万円札の渋沢栄一を学んでいた昨年夏

  昨年夏に、埼玉の秩父とかを旅しつつ、深谷で泊まった。

  せっかくだからと深谷で散歩したりしてて、まぁ、下記のような語りを語っている。

small-editor.hatenadiary.jp

 深谷ネギが有名だよねという位の知識だったのだが、かの有名な実業家 渋沢栄一が作った煉瓦工場がかつてあり、その工場跡を見に行って、煉瓦についてもすごく学べたし、また、渋沢栄一がとても深谷では慕われている感じを受け、その渋沢栄一に関してもかなり学べた。一緒について教えてくれるツアー的な所だったからね。

 だから、本当に単純な言葉だけど、渋沢栄一ってすごい人だったんだなぁと再認識していたんだ。それがついこの前の夏。

 それが今度は渋沢栄一が新一万円札の表に描かれるというのだからびっくりするとともになんかうれしかった。うんうん。

久々に昏々と寝た

 昏々と・・・昏睡と書けば意識がない様子を指すが、昏々と眠るというのは意識がないくらい寝てしまうということだろう。

  毎日寝てはいるのだけれども、寝不足だったのかな・・・帰ってきてばたんと寝ていて、妻が帰ってきて少しご飯を食べて、その後も昏々と寝入ってしまい23時頃目覚めるも起き上がりにくし。

 なんかイヤなこともあったし、疲れたんだろうな。

上手に眠れればいいのかもしれないが、うまく眠れないのは高齢ゆえか。

三崎、くろば亭で稀有な体験

f:id:small_editor:20190408130135j:image

休日は混んでいて入れない、三浦市三崎のマグロの有名店、くろば亭に初めて入れた。マグロのほほ肉、目の肉、ハチの身、のど肉の刺身セットを定食で頼み幸せ。こういうところでしか食べられないしな。なんか、あの特徴的なご主人が外国メディアの取材を受けているし、稀有なものが見られたし、真に稀有なものを食べられてうれしいぞ。

零票確認しなくていいんですか?

 今日は全国的に統一地方選、選挙の日である。

 数年前、投票箱が真に空かどうか確認する、投票所一番乗りにチャレンジして念願叶いすることができた。これはうれしかった。下記の語りのように、その感激を何度も語っている。
small-editor.hatenadiary.jp

small-editor.hatenadiary.jp

 

  さて、今回も久々に、朝一番のりをしてみようとした。というのも、恒例の土曜日の週一回飲酒をしたので、どうしたって、早起きしてしまう(酒は睡眠阻害物質ゆえであるからして)ので。

 投票所一番乗りで、投票箱が空であるということを確認することを零票確認と言うらしいことは今回初めて調べた。

「零票確認」をするため、投票所に一番乗りしてきた話 | まっしろライター

なるほど、こういう風な方もいるんだな。

2019/04/07 10:37

  世の中には零票確認をしようとがんばる方も多いようで、零票確認についても詳しく言及されている。

 零票確認ウィキペディアで調べると下記リンクの通りである。

ja.wikipedia.org

 ただ、投票所が開くのが7時からだから、あまり早く行っても無駄が多いのだが、やはり零票確認マニアみたいな地元の高齢者とかが多いので競争率は高そうなので、一番が取れなきゃだめなので・・・

 今回は、前回と市町村は同じとだが転居しているので、一番乗りチャレンジは初めての場所。前回の記憶をたどり、語りを読み返し、6時半過ぎ着で行ってみた。

 どうやら犬の散歩ついでの方が私と同時くらい。ここで引いてはすべてがチャラになるので、がんばって小走りに入り一番乗り達成。

 それから待って一番乗りになるのだが・・・

 

 前回は感動が多かったのでよかったのだが、今回はちょっと残念なことが。

  投票所の運営が不慣れなようなのである。役所の方がどうやら事務をしつつ、地域の方が投票管理者になるということは分かるのだが、前回は、あなたが一番ですよ!!零票確認してもらいますからねと言う旨を投票管理者の方が言ってくれて待つのも安心でしたが、今回は、がんばって一番取っても外で待っていてと促され、待って念願の一番乗りをしても零票確認のことは軽く投票管理者の方から言われただけで、零票確認しつつ投票も同時にするように促されたので、きちんと零票確認するのが難しかったということ。しましたけどね。零票確認をする役所の方もぎこちない動きで久しぶりのこちらもはらはらしてしまう感じ。

 数個投票箱があったのですが、1番乗りの私以外にも投票用紙を渡してしまうので、最後の投票箱で後ろの後ろの方、要するに3番目の方が私を抜かしそうになったんですよ。これはまずい。

先のWikipedia零票確認の項目の記述を引用すると「選挙区と比例区や、市長選と市議選など、複数の投票箱がある場合、最初の投票箱を確認した人が2番目以降の投票箱も確認することになっている。そのため、2番目の投票箱に別の人が先に投票しようとしても、最初の投票箱を零票確認した人が、次の箱を零票確認するまで待たされることになる。」ということなのです。そう、私が零票確認をして投票するまでは次の人を通してはいけないのですが、通してしまっていたんですね。

 役所の方とか投票管理者の方も制止しないものだから、僕が声を出しましたよ、あ、ちょっとみたいにね。そしたら、役所の方とか投票管理者も気づいたようですが・・・。

  零票確認抜きで投票が進んでしまってはだめですよね、公職選挙法に反しますし。

  投票所もたくさんありますから、不慣れな方も多いかもしれないですがね、こちらも趣味だけではなく、公正な民主主義を担保すべく早起きして一番乗りして零票確認をしに行っているわけですからそこをないがしろにされては困るし、こちらがやきもきするのも違うと思う。3番目の方も急がれていたのかもしれないが、

 その意味で、今回は感動と言うより複雑な思いが先行した次第。今回のスタッフの方々が不慣れだったと言うことだと思うし、なんかTwitterとかを見ていると、他の所でも零票確認なしで始めちゃいそうになるしとかつぶやかれていたので、なかなか難しいのかもしれないですが。

  というわけで、2度目の零票確認をしてきましたという話でしたが、前回も複雑な思いをしなかったわけでもないのです。常連みたいな方でしょうね、二番手に来た高齢者が私が先に並んでいるのを見て、その後に来たお仲間さん達に、今回遅れてしまったよという旨を大きな声で話していたりすると、悪いことしたわけでもないのに済まなそうな気分になってしまうのは何だかなぁという思いはあった。でも、その時は零票確認のしきりはきちんとしてくれた、次の方を待たせておいてくれたから今回のようなやきもき感はなかった。

 さて、なんとか零票確認および投票を済ませた後、最後にいろいろすみませんと私におっしゃっていたので、不慣れなところを詫びてくれたのだとは思うが、複雑な思いが残ったのは事実だったりする。

紙の本にするか電子の本にするか悩む

 何か本って安くならないよね。中古本以外はどこの書店に行っても同じ価格って、昭和な世代だと当然のこと。

 ただ、最近は、電子書籍が出てきて、こっちは結構安くなる。ipadを持っているから、情報としては電子書籍で十分見られるのだが、結局読みにくい。

 紙の本が欲しい。

 紙の本でも少しはポイントが付いたりする本屋もあるので、そこを選んだりもするが。

 にしても、電子書籍の方が安いから、それをとも思うが・・・PCを久々に自作してみようと思っているのだが、そういう大きな雑誌は紙の本の方がよほど読みやすいので、買いたいのだが、2000円近くしたりするので、少しでも安い電子書籍の方で我慢するか・・・とか逡巡尽きず。

 なんか、変なところで悩んでいる気もする。

 

もうライスじゃないんだ、銀座ライオンのランチに思う

 僕は米が本当に好きである。

 それを知った年上の知人女性にそれは太るわねと言われたのが10年以上前。農家の娘であったその女性の慧眼や素晴らしく、米の好きな私の要望に従い、妻はどか弁を作ってくれて、順調に肥えて今やきっちり中年メタボだが。

 今やどか弁はやめているし、気をつけ始めた。

f:id:small_editor:20190405131948j:image

 今日は憧れの銀座ライオンでのステーキランチ。食べてみたかったのよ、ここのランチ。

銀座ライオンは大好きなサッポロビール直営のビアホール。この後の予定がなければステーキと共に黒ラベル生ビールがやすい時間帯だから行くんだけど、それは我慢だったけどね。

 ちょっと画像で、む?と思った方もいたかな。

 ステーキに、ライスかパンかサラダという3択。迷わずサラダ。

昔なら迷わず米で太っていたところだろう。

ただ、最近は野菜が貴重でそして美味く感じる。

 サラダボウルもなんか大きくて幸せ。

 私よりきっと年上のウエイトレスさんが、私のがたいを見たのだろう、え?という感じで、サラダでいいんですか?という視線だったと思うが、いいんですよ、幸せですよ。

 肉もうまいし、ポテトがあるから炭水化物はあるし。

 さすが憧れのビアホール。ランチも裏切らないな。