今日の一語り

しがない勤め人、大津 和行(かず)、のキーボードから紡ぎ出される日々語り

WEB論

ウェブ日記と記憶とご当地ラーメン

先日、千葉県は房総半島の中央部にある茂原で、ご当地らーめんの「もばらーめん」を食べてきたのだ。 「もばらーめん」を食べるのは2回目で、まぁ、元祖店である、三軒屋茂原店に前も行ったと思うので、再度そこに行ったのだ。 妻もとても美味しいという印象…

私たち夫婦が真の意味で仰天したニュース〜アメリカの警察官のイメージ〜

先日テレビを見ていて、妻と共に仰天したニュースがあった。仰天〜 と銘打つニュースは多いが、見ていても、こちらの心の琴線にずばりどんぴしゃに触れるニュースはきわめて少ない。しかも、それが妻と同時にとなるともっと可能性は低まり奇跡に近い。 しか…

もてない男のその後の語り 更新

もてない男のその後の語り というのが、実は私のメインホームページであります。私がウェブ上にて「語り」始めたのはそれがきっかけで、そこでのレスポンスが多いため、モチベーションが維持されたという経緯があります。今日の一語り・・「語り」と称してい…

久々にホームページ更新 〜共依存で何が悪い〜

ここを読みに来ている方はどうして読みに来ているのだろうか。 なんとなく、検索で引っかかってという方もあろうし、ウェブ日記書きのリンクからという方もいよう。 でも、ここを作る前に元となるホームページがあることを知っている方もおられよう。 そう、…

ウェブログサービスを使い続けてきて思うこと

自分のウェブ日記に関する論文「ウェブ日記コミュニティの現状についての研究」でも述べたことだが、ウェブログ形式のウェブ日記を作成するには、「自作型」と「レンタル型」があると分類できる。 え?ブログってなんかのサービスを使うものではないの?とい…

おじさん達だってインスタントメッセンジャーは使ってきたんだよ

私は十分におじさん世代(1972年生)である。Twitterはやっているが、LINEはやっていない。最近の若者はLINEでコミュニケーションを図るのが流行のようである。 そんな若者と話をしたければ、LINEをしろということになるのかもしれないが、もう、メッセンジ…

数年に一度の大幅自作で自分修行も兼ねて・・・そんな日曜日

自作始めました - 今日の一語り(はてな Ver.)とか、救いとアキバ - 今日の一語り(はてな Ver.)とか、なんとか一段落 - 今日の一語り(はてな Ver.)ということを2009年4月に語っている。そう、自作パソコンの更新をして、データを飛ばして、復旧してとい…

映画「ソーシャル・ネットワーク」を見た

最近WEB論をよくここで語っている。まぁ、年寄りの繰り言と言っていいかもしれない。思い出話と言ってもいい。 しかし、最近、2004年には私はウェブ日記の研究をしてそのテーマに関する論文を上梓していたと語っていたが、そのようなことを思い起こしながら…

ブログにとても魅力を感じた理由

昨日、ブログに関して語りながら、思い返してみると・・・思い出すことが結構あった。なぜ、ブログシステムを使い始めたか。 もともと、もてない男の心の語り(現 もてない男のその後の語り)の更新がなかなか大変になってきていた(鬱積した思いをぶつけて…

ブログというのはたいしたものじゃないと思う

最近ね・・・Facebookとかのソーシャルネットワーキングサービス(SNS)で、自分を売り出すとかね・・・また、いろいろな情報発信が、SNS化してきて・・・例えば、「ぐるなび」とかもそうだが、情報発信サイトだったのが、SNSのクチコミの威力を狙ったのか、…

ノートPCよりもタブレットかね

昔ね、スタバにはまっていた時には、スタバでノートPCを開いたりして悦に入っていたものだけれども、最近はiPadをぽちぽちやっていたりする方がよいのかねぇ。 なんか、できる人がノートPCをちゃきっと開ける様子よりは、タブレットをぽちっとしている描写に…

ワイヤードカフェは便利だが

外出しているとたまーに、どうしても何かネットにつなぎたいということがある。 しかも、なにか書きたいとか、キーボードがしっかりあるところがいいなと思いながら・・・ あると便利なのがワイヤードカフェである。 パソコン席があるし、だいたいにおいて、…

写真つきの日記以外は日記とは言えないのか

昔話になってしまうが、私がインターネットにはまりこんだのは、全世界に自分の表現を伝達できるということが、個人レベルでできるということに非常な興奮を覚えたからである。 当時は、ブログのように簡単にはインターネット上に表現をアップできなかったわ…

日記を毎日つけ続けるということ

まぁ、この日記はほぼ毎日つけ続けているわけだが・・・大変でないわけではない。 逆に言えば大変でないはずがない。今日だって、あまり更新する気が起きないことがあったのだが・・・ しかし続けている。 ウェブ日記については、研究をしたこともある。学術…

ロケ地探し

昨日見た映画「みなさん、さようなら」がとてもよかったし、邦画だったので、ロケ地はどこだと興味が尽きず、調べてみたりした。 なるほど・・・とわかったわけだが・・。 色々なドラマを見たりして、ロケ地って・・・って思ったりする時に、昔だったらあき…

ブログに書けること書けないこと

ブログというのは、非常に公開されているものである。 しかしながら、昨今のウェブ技術の進展により、ブログは非常に簡単に更新できるものとなっており、また、実際的にはそこまで見ている人も少ないところであるため、公開のものであるということをあまり気…

ワールド・トレード・センターでの写真

私がかつてワールド・トレード・センターに行った時に撮ってもらった写真をホームページに載せていたことがある。 その写真を、掲載させて欲しいということが英語のメールで来た。 MY_WTCという在りし日のワールド・トレード・センターの写真を収集し掲載し…

やられているなぁ、今の仕事

かなり欠かさず語ってきたこの一語りというウェブ日記。 私のライフワークとも言える物であるからして、ほぼ毎日更新してきた。 その証左は、過去の日記を見ていただいても分かるし、それは2003年6月からであるが、もっと前のウェブ日記だってある。 今…

寝不足かな・・・

テキスト庵がなくなってしまったことに大いにショックを受けた昨日。 いろいろなところでの、テキスト庵の顛末を読んだりしていたが、どうにも腑に落ちるものではなく。 昨日のうちに、Kinopさん(ニシエヒガシエの作者さん)がインターネット放送でテキスト…

ショックな事々

この酷暑の中、扇風機が壊れた。これは大変だと保証期間でもあるしと販売店に持っていった。保証書には同一品との交換または修理という感じで書いてあったので、願わくばさっと交換して欲しいなぁとか淡い願望を持って持って行ったわけだが、淡い願望は淡い…

食べ物の話多し

かようにウェブ日記を付け始めて、もう長いわけだが・・・ 最近は食べ物の話多し。 というのも、食べ物の話は、無用な波を立てないし、そして、結構皆様に講評をいただくことが多い。 読者の皆さんに、喜んでいただけるのが、書き手としては無上の喜びである…

実名勝負って今さら?

最近はFaceBookというSNSが流行りのようだ。 なんだか、ビジネス雑誌とかで、特に日本でも普及させようと、かなりの特集を打っているような気もするし、持っている雑誌を開いたところで、勝間和代氏が絶賛していたりして、なんかそのメジャー系な雰囲気が判…

Skypeのテレビ電話を初めて活用

友人とSkypeでテレビ電話。 技術的にはすごくいいという話は聞いていたが、テレビ電話として使ったのは初めて。 確かに、いい。 ただ、深いつきあいの友人でなければ気恥ずかしさが先に立つかも。

ウェブ日記というコミュニケーションツール

結婚前の付き合い時代は、私と妻のコミュニケーションは、メールか、私のこのウェブ日記であったりした。 その頃は、離れていても私の動きが分かるようで、この日記を読むのを重宝していたようだが、最近は、ほとんど妻は読んでいないらしい。 たまに、語り…

リア充という概念への違和感

まぁ、私はデジタルネイティブ世代じゃないから、そもそも論的に何か語りたいことがあってその表現の場がウェブ日記というわけだったから・・・ リア充にて日記更新頻度が落ちるというのがちょっとよく分からない部分で。リアルが充実しているからネットにか…

映画「サマーウォーズ」を見た

なんかね、私はウェブ日記書きであるとともにウェブ日記読みである。結構そういう人は多いと思うんだよね。自分が書くからこそ、人の書くのも読みたいって結構自然な感情。 だからさ、新聞読むより先にウェブ日記眺めていてさ・・・あ、こんなことあったんだ…

iPhoneよりiPadよりスマートフォンよりノートPC一台の方が話が早いような

iPhone、iPadといったスマートフォン、携帯情報端末が人気だ。 もちろん私もそれらにはとてもとても興味があるし、実際買おうとも検討しているが、結局、今使っているのはHybrid W-ZERO3というウィルコムのスマートフォンだったりする。 外付けのブルートゥ…

日記は10時までにね

このようにウェブ日記を書いていると・・・毎日書くのを習慣にしていると、なんかいい部分はある。何事も継続は力なりで・・・10年以上も続けていると、なんかしらの自信になる。 しかしながら、日記を書くために夜が遅くなるという弊害が妻からも指摘された…

面白いテレビがない時は、テレビを流しちゃおう

面白いテレビがない時は、テレビを流しちゃおう・・・1972年生まれの私にはドラえもんがいなきゃ絶対不可能だなぁってことが、今はできてしまう。さすがウェブの力。 今流行のUSTREAMで生放送をしましたっていうことを語ったわけであるが、今日はあまり自分…

USTREAM生放送をやってみた

ツイッターの隆盛とともにそれとの連携機能があることでも注目を浴びてるUSTREAMで生放送をしてみた。 あまりにも簡単に生放送ができてしまったのが驚きだった。 確かに魅力的だし、出入りの日記更新報告サイトの常連さん達と楽しくチャットできてうれしかっ…